爆笑!! ヘンな日本人英語5選
デイビッド・セイン先生に聞きました!

あなたも間違って使ってない?
今すぐチェックしよう!

今回は日本人がよく間違えて使っている英語表現を、人気英語講師のデイビッド・セイン先生に聞いてみました。あなたも日本人英語を間違えて使い続けていないか、早速チェックしてみましょう!

 

ネイティブがよく耳にする、ヘンな日本人英語はこれ!

 

 

 その1 

ネイティブをザワつかせる、
アブナイ日本人英語、Help me!

 

× Please help me.

Can you give me a hand?

ちょっと手伝ってもらえない?

 

Please help me.はとても「おおげさ」に聞こえてしまい、言われた方は、何事かと心配してしまうでしょう。「ちょっと手を貸して欲しい」くらいなら、givea handを使うのがオススメです。

 

 

 その2 

英会話あるある なぜか話が食い違っていく!
という事態になりがちな間違い

 

× What company are you from?

What company are you with?

どちらの会社の方でしょうか?

 

➡電話などで、相手の名前だけでなく、会社名も聞きたい時の表現です。fromなどを使ってしまいがちですが、fromだと、「どこの会社出身ですか?」となり、「以前働いていた会社」を尋ねられているかのようなニュアンスになってしまいます。この場合、「~の一員」という意味がある、withを使うのが自然です。

 

 

 その3 

文化の違いだけど…
「これ以上聞かないでね」と誤解されちゃうよ!

 

× I’m an office worker.

会社員です

I’m a computer systems engineer.

コンピューター・システムエンジニアをしています

 

What do you do?「どういうお仕事をなさっているんですか?」などと尋ねられた時の返答です。実はネイティブが「会社員です」と答えることはほとんどありません。Designer「デザイナー」やreceptionist「受付係」のように職種を言うか、work in ...「…の分野で働いています」などを使って、I work in social welfare.「社会福祉の分野で働いています」のように言うのが一般的です。状況にもよりますが、「会社員です」だけでは、「これ以上私のことは聞かないで」と誤解されてしまって、その後の関係性に悪影響があることも。

 

 

 その4 

ネイティブを困惑させる、
本当に怖い「和製英語」のワナ!!

 

× I want to claim about the above person.

I’m afraid I have to complain about the person staying in the room above me.

上の部屋に泊まっている人について苦情があるんです

 

➡「苦情を言う」は、claimではなくcomplainと言います。また、I want to ...だと「苦情を言いたいの!」といったニュアンスになるので、駄々をこねる子どものように聞こえてしまうかも。I’m afraid I have to ...「すみません、…したいのですが」と大人な言い回しが使いこなせるとよりGoodです。

 

 

 その5 

テンション低っ! とならないために…
テンション高めっぽい感じの返答に!

 

Coffee, please.

コーヒーを下さい

Sure! Coffee sounds great!

うん! コーヒー、おいしそうだね!

 

Can I get you some coffee or something?「コーヒーか何か持って来ましょうか?」という申し出に、あなたなら何と答えますか? Coffee, please.も悪くありません。ただ、声のトーンによっては「コーヒーで」という冷めた言い方になってしまうことがあります。せっかく親切な申し出をしてくれているのですから、「いいですね! ぜひいただきたいです」という気持ちが伝わる言い回しで返事をしてみましょう。soundには「…に思われる」という意味があり、〈sound 形容詞〉の形でよく使われます。

 

 

 

デイビッド・セイン先生に聞く
英語のコミュニケーション力をつける学習法とは?

 

 

英語でこちらの気持ちを伝えるためには、コミュニケーション力に加え、それらを英語で表現できる、本物の英語力、つまり英語のコミュニケーション力を身に付けることが重要なポイントです。

 

私はいつもスクールの生徒さんたちに、対話形式のフレーズを「見て」「聞いて」「発話する」学習方法を勧めています。こうすることで学習スピードも速くなり、自然な会話と発音を確実に覚えるのに効果的だからです。ですから、とっさの時でもちゃんと聞き取れて受け答えができる、英語のコミュニケーション力を身に付けることにつながります。

 

カシオの電子辞書エクスワードに搭載されている「スキット・トレーニング」は、まさに私のおすすめしている学習方法がそのまま実践できます。 エクスワードには対話形式のフレーズとネイティブの発音の音声データが収録されていて、ネイティブの会話を聞いて相手の言葉に返答するように発音し、その自分の声を録音してネイティブの発音と聞き比べる、対話形式のトレーニングを繰り返し行うことができるのです。

 

今回紹介した日本人がよく間違って使っている会話表現以外にも、「日常」や「ビジネス」、「学校」、「トラベル」など、さまざまなシチュエーションでの会話表現が収録されているので、英語のコミュニケーション力を身につけるために、エクスワードの「スキット・トレーニング」がお薦めです。

(*今回紹介した日本人英語の正しいフレーズは、エクスワードに収録されています)

 

英語は“習うより慣れろ“。エクスワードなら、持ち運びもできて、通勤時間などの隙間時間を利用して習慣的に英会話のトレーニングを行うことができるので、効率的な学習にうってつけなのです。

 

 

 

デイビッド・セイン先生おすすめの「スキット・トレーニング」で英語のコミュニケーション力がアップする

 

対話形式のネイティブ発音と文章(スキット)を収録。相手のセリフに答えるように発音・録音し、聞き比べ、実践さながらの対話を繰り返し練習することで、英語のコミュニケーション力を強化します。

 

【Step1】

相手のセリフを聞く

 

 

【Step2】

自分のセリフを見ながら発音を練習

 

 

【Step3】

録音した会話とお手本の会話を聞き比べる

 

 

*エクスワード ビジネスモデルXD‐K8500の詳しい商品についてはこちら!

実践で困らない!
カシオのエクスワード >

 

プロフィール 

デイビッド・セイン

アメリカ合衆国アリゾナ州出身。カリフォルニア州アズサパシフィック大学(Azusa Pacific University)で、社会学修士号取得。 証券会社勤務を経て、来日。日米会話学院、バベル翻訳外語学院などでの豊富な経験を活かし、現在までに140冊以上、累計350万部超の英語関連本のベストセラー著者。英会話教室の運営、翻訳、英語教材制作などを行うクリエイター集団『エートゥーゼット』の代表。日本人に合った日本人のための英語マスター術を多数開発する、日本における英会話教育の第一人者。

 

 

文・出演/デイビッド・セイン

写真/さとうのりゆき  取材・構成/天野里美(編集部)


おすすめ記事

2017.04.18 | クチコミ  ・  IELTS  ・  語学学校情報  ・  奨学生  ・  体験レポート  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  QQイングリッシュ  ・  ミツミ電機  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  語学学校  ・  CUE留学プログラム  ・  大人&大学生  ・  セブ留学  ・  TOEIC