オーストラリア英語 Aussie English
よく使う表現&独特の表現を知ろう

Aussie Englishどれだけわかる?
留学やワーホリの人、必読です!

日本人が学校で習っているのはアメリカ英語です。一方、オーストラリアではそもそもイギリス英語。そして原住民アボリジニの言葉も受け継ぎ融合した独自の英語を話す事で知られています。だからアクセントも違うし、会話で使っている単語も違います。

 

例えば、英語で「こんにちは」と挨拶するときはHelloですが、オーストラリア特有の挨拶はG’day!(グダイ)になるんです。また、アメリカなどでは友人をBuddyと呼んだりしますが、オーストラリアではMate(マイト)と声をかけるので、聞きなれないうちはMightと聞き間違えて混乱する日本人も多いもの。

“How’s going, mate?” “Not too bad, mate! Yourself?”という街での会話や、“Won’t be a moment, mate”という店員さんの言葉も、オーストラリアならではです。

ここではそんなオーストラリア英語を一部ご紹介します。留学やワーホリで聞きなれない言葉があったらぜひチェックしてみてください。

生活編

日常生活のさまざまなシーンで使われるAussi Englishを集めました 

 
Petra Bensted

 

食事編

食べ物やレストランなどで使われるAussi English、また独特だったりします


Gordon Wrigley

 

バー・カフェで注文編

Aussi Englishを知らないと、想像していたものと違うものが運ばれてくるかも!


rjp

 

オーストラリア文化編

長期で滞在するなら知っておくといいAussi Englishを集めました

 

Ryan Wick

 

 

TOP PREV 1 2 3 4 5 NEXT LAST

おすすめ記事