TOEFL Primary®と

TOEFL Junior®受けると何がいいの?

教えて! TOEFL Junior®

TOEFL Primary®のQ&A

海外の大学に行く時に必要になる、TOEFL®はご存知ですか? そのTOEFL®には、TOEFL Junior® やTOEFL Primary®があるんです。この連載では、このふたつの試験に照準をあてて、いったいどんなテストなのか、何に役立つのか? などを分かりやすくQ&Aでお送りします。

今回はTOEFL®を受けるメリットについて。さっそくチェックしましょう。

Q. TOEFL Primary®TOEFL Junior®受けると何がいいの?

 

A.

TOEFL Primary®TOEFL Junior®に共通して言えるのは、「世界の中で自分がどれだけ英語を使えるか」を測定できるテストだということ。TOEFL Primary®TOEFL Junior ®共に世界最大のテスト開発機関である米国ETSが開発したテストであり、テスト内容は授業や学校生活といった、小学生~高校生のそれぞれの年齢層にとって、とても身近な題材で構成されているのも特長のひとつです。

 

また、2技能ペーパーベース版のTOEFL Junior® StandardTOEFL Primary®(リスニング・リーディング)から、TOEFL Primary®スピーキングテスト、4技能コンピュータベース版のTOEFL Junior Comprehensive®に至るまで、すべて英問・英答。テストを受けながらテストで使われる指示などの英語に自然に慣れることができるため、その点も好評です。

そして、テスト結果はスコアで示されるため、合格・不合格ではなく、次の目標を持って取り組めるようになっています。また、どのレベルになったらTOEFL Primary®からTOEFL Junior®へ切り替えたらいいか、もスコアを通して分かります。

TOEFL Junior® Standardのスコアについては、中学・高校の留学の指標として使われています。オフィシャルスコアレポートを、あなたの英語力の証明として使うこともできます。

TOEFL Junior® StandardTOEFL Junior® Comprehensiveのスコアは、海外だけではなく、日本国内の大学入試で活用が始まっています。

小中学生向けのTOEFL Primary®、中高生向けのTOEFL Junior®と順を追ってテストを受けていうことを通して、TOEFL iBT®に向けた準備を始めていくことができるのも、このテストを受ける意義とも言えるでしょう。

 

英語を使って、世界に羽ばたくことを目指しているならぜひTOEFL Primary®/TOEFL Junior®に挑戦して、世界の中で自分の英語力がどのぐらい使えるものなのか、そして次の目標設定に活かしてみるといいでしょう。

 

取材協力 グローバル・コミュニケーション&テスティング

構成・文/天野里美(編集部)


おすすめ記事

2017.04.18 | CUE留学プログラム  ・  大学生  ・  IELTS  ・  TOEIC  ・  PR  ・  DMM英会話  ・  語学学校  ・  奨学生  ・  大人&大学生  ・  クチコミ  ・  セブ島留学  ・  語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  体験レポート  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ留学