X Day日本出発、マレーシアに到着!
いよいよ私たちの親子留学、始まりです

フォトグラファー須藤夕子さんが
写真で綴る親子留学実体験記

笑顔泥棒と称して人物などのポートレート撮影を中心に活動する、ママフォトグラファーの須藤夕子さんが、2011年に出産した愛娘と一緒に、2015年12月から親子留学行きを決定! なぜ今、家族が離れて親子留学なのか? 親子留学の実体験記を公開してくれます。
お子さんの英語教育や親子留学に興味があるなら、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

カバーPhotoStory 都会のオアシスKLCC公園にて、ツインタワーをバックに撮影。パパの日本帰国の日、父と娘の触れ合いを楽しんでいました 

 

2015年12月28日 X Day親子留学スタートの日がついにやってきた!

 早朝逗子の家を出て、親子三人で成田空港へ。9時前には空港に到着しました。
 荷物を預けてチェックインを済ませたら、家族三人で搭乗ゲートに向かいます。10:50am成田空港発クアラルンプール行きJAL(マレーシア航空コードシェア便)だったのですが、CAのお姉さん達が優しくて、この段階ですでにマレーシアに対して警戒心が無くなりました!


とうとう成田空港です

 


チェックインを済ませて成田で記念撮影をパチリ



いよいよ飛行機に乗り込み、行ってきます!


ついにマレーシアにLanding!

成田からクアラルンプール空港までは7時間で到着です。
7時間のフライトはあっという間、事前に携帯にダウンロードしておいた動画を3本くらい見て、到着しました〜。
到着したクアラルンプール空港は2014年に新設された空港でヨーロッパのモダンな空港と引けを取らない空港で驚きました!

近代的なクアラルンプール空港にびっくり


年越しを過ごすサンウェイホテルに到着! まさかのダブルブッキング!

ここはクアラルンプールから20キロくらい離れたサンウェイ地区にあるホテルです。サンウェイは巨大な街で、ホテル、ウォーターパーク、ショッピングモール、大学など、ここで全てこと足りてしまうような場所です。
ちなみにサンウェイ大学は語学学校があります。1週間の短期留学から受け入れ可能みたいなので、ホテルにステイしてプチ留学いかがでしょうか?
宿泊費は1泊ひと部屋1万5千円弱で予約をしました。時期によってはもっと安い時もあります。
ホテルの部屋は、ダブルブッキングしていた様子で、そのお陰で予約していた部屋よりもアップグレードされた最上階の部屋に案内されました!!

広い!! 持て余してしまうほどです

 


こちらがベッドルーム。ステキ! ラッキー!

 


窓からの景色、ホテルに隣接するウォーターパーク「サンウェイラグーン」

 

サンウェイラグーンをのぞいてみた!

ホテルから見えるサンウェイラグーンに行ってみました。ウォーターパークや遊園地、動物園も併設されています。遊園地と動物園は水着のまま入れちゃうんです。
ちょっとのどが渇いたので、飲み物を調達。マレーシアのレストランではお酒が置いてない場所が多いと書かれていたのでプールでは売ってないかな? と思いましたが、ビールのみ売ってました! 約500円しました! こちらの物価と比較しても高いですが、日本の価格と比較しても高いですね。

サンウェイピラミッドの外観、エジプトに来たかと思わせる大きなピラミッドとスフィンクスです

 

絶叫マシーンからメリーゴーランドまで幅広い世代が楽しめるサンウェイラグーンの遊園地

 


サンウェイラグーンのウォーターパーク


こちらも巨大! 大人も楽しいこと間違いなし

 


サンウェイラグーンの動物園。こちらはホワイトライオンのメス。ガラス一枚の近距離! 小動物と触れ合える橋もあり! 



サンウェイラグーンの遊園地

 

年越しの瞬間たくさんの花火が!

大晦日になり、花火が上がるという噂が……。本当かな? と年が明ける深夜0時を待ちました。2016年になると同時に、部屋の窓からかなりの近距離で花火が打ちあがり、超ど迫力でした!

ホテルの窓からは大きな花火が!

 

ショッピングモール、Sunway PyramidにGO!

ホテルの横にはSunway Pyramidというショッピングモールがあり、まあ、こちらも広くて迷いました。
そしてビックリ!そこで見たモノは!!!
赤道に近い国でスケートリンク!! とても楽しそうにローカルの人たちが楽しんでいました。

Sunway Pyramid Ice Skating マレーシアには変わりダネモールが他にもあるそう


異文化から学ぶことの多さに衝撃、イスラム教の女性たち

ヒジャブと呼ばれる顔を覆うスカーフをかぶったイスラム教徒の女性達、ここに来るまでは、仕方なくかぶっているモノなのか? と勘違いしている部分もあったのですが、彼女達はそんな意識はなく「かっこいいから!」かぶっているのだと言う。UAEなどドバイと違い、黒だけでなくカラフルなスカーフが多いです。
そして、彼女達は柔軟にいろんなことを受け入れているように見え、人生を楽しんでいるように見えて、幸せそう!

全身を隠すスイムスーツまで売っていて、沢山の種類があり、ファッショナブル! 子どもにも優しく、なんて素敵な人たちなんだろう〜と、今までの偏見が全て吹っ飛びました。いや、なんだろう、ガツンと頭を殴られたくらいの衝撃だった。

ここで子どもに何を学んでもらいたいか? それは、語学だけではなく、異文化を肌で感じて、理解する心を身につけて欲しいと思ったけれど、子どもの頃から日本の教育を受けて固定観念でガッチガチのまま大人になった私の方が、学ばなければいけないのではないかと思わされました。

若者たちは日本人と変わらず写真撮影もノリノリ! FacebookよりInstagramにを友達との写真や自撮り写真を載せてるみたい!

 

ツインタワー近くのサービスアパートメントに移動!

サンウェイホテルをチェックアウトして1ヵ月契約しているサービスアパートメントのあるクアラルンプールに移動しました。
地上88階建て高さ452mクアラルンプールの中でもひときわ目を引くランドマーク、ペトロナスツインタワーは、夜になるとライトアップされた噴水のショーも見ることができるそうで、これから見に行こうと思います。

クアラルンプールと言えば、このペトロナスツインタワー!


サービスアパートメントのお値段と仕様、周辺環境はこんな感じ!

*1ベッドルーム+リビングダイニング(100平米は超えていると思う)、キッチン、バスタブもあり、無料のWi-Fiも使えます。
*下のフロアにはプールとプレイグランド、ジムも付いています。
*1ヵ月のレンタル費は6, 000リンギット(約168,000円)

リビングはこんな感じ


これがリビングダイニング。キッチンもついてます


キッチン周りには必要十分なものがそろってます


ベッドルームがひと部屋あります


サービスアパートメントのそばのツインタワーの横の公園


セキュリティの人がたくさんいて安全

日本で言うじゃぶじゃぶ池のような大きな水遊び場


サービスアパートメントから徒歩5分くらいの場所にアロー通りと言う屋台街があります。観光客がたくさん、安くて美味しい食べ物がいっぱいありました。

アロー通りの屋台街


自炊を忘れてしまいそうな……。毎日来ちゃいそう!


シュウマイひとつ1リンギット(28円)とってもおいしいのでコレおすすめです


お買い物天国! ショッピングモールに携帯を買いにGO!

とりあえず生活をするためにまず必要となる、こちらで使用できる携帯を購入しようと、メガモールというショッピングモールの中の携帯屋さんMAXISへ向かいました。
とにかくマレーシアはショッピングモールがたくさんあり、買物天国です! もうハワイやNYに行かなくても、ここアジア、マレーシアで高級ブランドも何でも買うことができます。ちなみに中国や韓国でよく見かける偽物を売っている所をまだ見ていません。

高級ブランドもファストファッションも何でもそろっちゃうメガモール



ミッドバレーにあるメガモール内のフードコート


MAXISでiPhone6sの値段やプランを聞いてみた!

モール内のMAXISに到着しました。早速iPhone6sを発見して、いろいろ聞いてみます。私が今回聞いたのは以下の通り。
携帯電話の料金はiPhone6sの64GBで約8万円。
月々の基本料金は188リンギット(5,264円)で電話とショートメッセージは使い放題、ネットは8GBまで。
*SIMカードのみももちろん購入可能で日本で使用している端末に刺して使用します。
ツーリストは500リンギット(14,000円)のデポジットを払い解約の際に精算してデポジットが戻って来るシステムだそうです。

今の私たちのように、まだ家がない、ビザがない場合は、毎月MAXISへ支払いに行かないと携帯が止まるらしいので、その辺がちょっと面倒です。

無事に購入できました!


そしていよいよパパとお別れです

日本は仕事始め。パパは日本に帰国しなくてはなりません。
パパとは少しの間、お別れです。
パパは寂しくて泣きながら空港に向かいましたが、みんなが強くなるチャンスです。頑張ろう!

 

笑顔泥棒

 

 

 

プロフィール●須藤夕子(すどうゆうこ)

広告代理店など三年間のOL生活を経てカメラマンへ転身。ポートレート撮影を得意としてリチャード ギア、渡辺謙など撮影した著名人は1,000人以上。雑誌、広告などフリーランスフォトグラ ファーとして活躍。また「笑顔泥棒」と称しパリ、NY、マイアミ、沖縄など世界中の子ども達の笑顔を 撮影し個展や写真集などで発表している。産経Expressで土曜隔週「笑顔泥棒 ガールズフォト講座」好評 連載中。
写真教室は毎月一回不定期で行っています。Facebook「笑顔泥棒写真倶楽部」からお申し 込み下さい。

 

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「マレーシア親子留学」連載記事一覧


おすすめ記事

2017.04.18 | DMM英会話  ・  大人&大学生  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  クチコミ  ・  PR  ・  QQイングリッシュ  ・  語学学校情報  ・  セブ島留学  ・  大学生  ・  語学学校  ・  IELTS  ・  セブ留学  ・  ミツミ電機  ・  体験レポート  ・  奨学生