あなたはタイのどの都市が向いてる? 

タイ人タレントに聞く! 3大都市比較

日本人のロングステイおすすめ3都市

バンコク・チェンマイ・プーケットの魅力を紹介

海外に一定期間滞在し、暮らすように旅をすることを「ロングステイ」と呼びますが、このロングステイ先として常に人気上位に入ってくるのが“微笑みの国・タイ”なのです。タイを代表する都市といえば、首都のバンコク、タイ第2の都市のチェンマイ、そしてリゾート地として世界に知られるプーケットをイメージするのではないでしょうか。同じタイとは言えども都市によって、送ることができるライフスタイルは変わってきます。そこで今回は、日本とタイの架け橋として活躍されるタイ人マルチタレントのMeow (ミャオ)さんに、バンコク・チェンマイ・プーケット各都市の特徴や、生活、食べ物、アクティビティについて紹介してもらいます。(前回の記事: 今、世界中の旅人が噂している「タイ12の秘宝」って一体何?)

Meow (ミャオ)さん

タイ版Ray国際コンテンツ編集長、翻訳家、ライター、ブロガー、タレント。
日本とタイをつなぐ架け橋として、タイの28チャンネルで毎週土曜日放映されている日本に焦点をあてたクイズショー"WeZaa Cool Japan." の司会や、日本の魅力を紹介するYoutubeのプログラム” Kimochiii in Japan”に出演している。またタイチャンネル7でオンエア中の、タイ人と日本人のメイクアップを比較する番組Beauty Versusにも出演中。この番組はフジテレビでも放送予定。

 

サワッディーカー。タイと日本の架け橋として、タイ版Ray国際コンテンツ編集長、ライター、タレントとして活動しているMeow(ミャオ)です。今回は、日本人のみなさんがロングステイをするのにおすすめしたいタイの3都市とその都市で楽しめる食べ物やアトラクションをご紹介します。都市によってそれぞれ違った特徴があるので、ご自身にあった都市を見つけてみてください。

 

バンコク

 

バンコクに向いている人

☑都会が好き

☑刺激を求めている

☑ナイトライフを楽しみたい

☑ヒップなライフスタイルが好み

☑タイ料理以外も食べたい

 

 

タイの首都のバンコクは、寺院、美術館、博物館やショッピングセンター、レストラン、カフェ、バー、ギャラリーなどが混在し、交通網も発達している大都会です。24時間営業のコンビニエンスストアがいたるところにあり、必要なものは何でもそろうので日本と変わらない便利な生活を送ることができます。そのためショッピングや観光を重視し、安心して便利な生活を送りたいという人には最適の街です。 

 

 

屋台文化が特徴的で数メートルおきにカオマンガイ(鶏のせご飯)やヌードル、ガパオライスなど日本人にもファンの多いタイ料理を提供する屋台があります。また、バンコクは世界中から人々が集まる国際都市でもあるので、タイ料理だけではなく、多国籍なレストランがあり様々な料理を楽しむことができます。日本人が経営する日本食レストランも数多く存在するので、日本食が恋しくなることはないでしょう。 

 

 

バンコクで今注目を集めているのはマーケット。バンコク最大級の週末限定の「チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット」をはじめ、チャオプラヤー川の川沿いにある巨大ナイトマーケット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は有名どころですが、「アートボックスマーケット」など新出のナイトマーケットが今タイのヒップな若者達熱い支持を集めています。

 

ダイナソープラネットFBページ

 

3月に期間限定でスクンビット通りにオープンしたばかりの恐竜のテーマパーク「ダイナソープラネット」は今バンコクで最も話題のホットスポットで、大迫力の恐竜の世界を4Dで体験することができます。大人も子供も一緒になって楽しめるアミューズメントパークです。

 

 

 

チェンマイ

 

チェンマイに向いている人

☑都会より田舎の方が落ち着く

☑歴史のある街が好き

☑スローライフをおくりたい

☑寺院巡りが趣味

☑自然に囲まれて暮らしたい

 

 

チェンマイは、タイ北部に位置する第2の都市で、「北方のバラ」とも称される美しい古都です。街の風景と自然が見事に調和し、首都のバンコクよりもゆったりとした時間が流れています。都会のせかせかした暮らしから離れて、ゆったりとスローライフを送りたいという人にはチェンマイがおすすめです。チェンマイでは「ランナー文化」と呼ばれるタイ北部独特の伝統や文化が育まれ、街のいたるところでその文化の片鱗を目にすることができるでしょう。

 

 

食べ物の中にもこの「ランナー文化」の影響を受けているものがあり、ココナッツミルクとカレーのスープに揚げたパリパリの麺を入れて食べるカオソーイはチェンマイ名物です。チェンマイでもうひとつ味わって欲しいのが、ナムプリックヌム(青唐辛子のディップ)とケープムー(豚皮の唐揚げ)。ピリっと辛く、後をひくうまさで、チェンマイの人々はケープムーをナムプリックヌムにつけて食べるのが好きです。

 

 

チェンマイには歴史のある寺院も多く、中でもワット・プラタート・ドイ・ステープは観光客にも地元の人にも人気のあるお寺です。標高1,080mのステープ山頂に建てられたこの寺院内には黄金に輝く仏塔があり、人々はこの周りを3周してお祈りをします。

 

 

アドべンチャー好きのあなたにはナイトサファリがおすすめです。ステープ・プイ国立公園内にあるナイトサファリでは、象、ジャガー、ホワイトタイガーなど約1,000頭の動物に出会うことができます。

 

 

  

プーケット

 

プーケットに向いている人

 

☑とにかく海が好き

☑リゾート暮らしをしたい

☑趣味はマリンスポーツ

☑ビーチでリラックスしたい

☑ナイトライフを楽しみたい

 

 

プーケットは、アンダマン海に面したタイ最大の島で、エメラルドの海と真っ白な砂浜が世界中の観光客を惹きつけてやみません。日本に例えると沖縄が近いでしょうか。ダイビングやサーフィンをはじめとするマリンアクティビティを行うには絶好の場所で、ビーチなどでリラックスしたいという人にもおすすめしたい都市で、1年中バケーション気分を楽しむことができます。

 

 

プーケット名物といえば、常夏の島にぴったりなタイ版かき氷「オーエウ」。シロップだけでなく、フルーツや小豆などが贅沢に氷の上に盛られて提供されます。

 

 

街歩きをしたいなら、プーケットタウンと呼ばれる旧市街がおすすめ。ポルトガルと中国の建築様式を取り入れた「シノ・ポルトガル」の建物が立ち並び、その街並からはかつてポルトガル人や中国人がプーケットを訪れ、街を作りあげてきた歴史を感じることができます。

 

 

プーケットでもうひとつ訪れてみて欲しいのは、カラマ・ビーチにある「プーケット・ファンタシー」。これは大人も子供も一緒になって楽しめるナイトエンターテイメントで、建物はひとつのアミューズメントパークになっています。館内には劇場ほか、世界各国の料理がブッフェ・スタイルで食べられるレストラン、ゲームコーナー、スーベニアショップがあり、劇場ではタイの歴史と伝統文化をテーマにした豪華絢爛なショーが上演されています。

  

バンコク、チェンマイ、プーケット3都市の特徴と、その土地で話題のアトラクションを紹介してきましたが、あなたにぴったりの都市は見つかりましたか? ぜひタイでのロングステイをあなたらしく楽しんで下さいね。

 

 

 

 

秘宝2.ナコーンシータマラート

〜タイで訪れたい12の秘宝(12 Hidden Gems)をひとつずつ紹介していきます〜

ナコーンシータマラートのパワースポットで運気をあげよう!

ナコーンシータマラートには、タイ人の心のよりどころともなる美しい寺院が多く、その中でもワット・プラマハタート・ウォラマハ・ウィハーンはタイで最も格式高い第一級王室寺院で、ユネスコ世界遺産の暫定リストにも登録されています。純金で装飾された白亜の仏塔には仏舎利がお供えされていて、現在も仏教の聖地として巡礼者が絶えないタイ人にとってのパワースポットです。またカノム群にあるカノム・ビーチでは野生の「ピンク・イルカ」のウォッチングができ、この「ピンク・イルカ」に遭遇することができた人には幸運が訪れると伝えられています。ナコーンシータマラートへ運気を上げる旅にでかけてみてはいかがですか。

 

この記事はCheer up! Englishとタイ国政府観光庁のスペシャルコンテンツです。

 写真提供:タイ国政府観光庁

※写真はすべてイメージです

 

タイに長期滞在をしてみたいという夢を叶える!!

ロングステイフォーラム in チェンマイ 参加者募集!!

 

タイ国政府観光庁(TAT)と一般財団法人 ロングステイ財団が、デジタルノマド達に圧倒的な人気を誇るタイ北部のチェンマイで2016年6月16日に第3回ロングステイフォーラム」を開催!! 

 

ロングステイフォーラムでは、実際タイに長期滞在をして生活をする際に必要な銀行、病院、不動産の情報から、現地で楽しめる語学学習、ゴルフ、料理教室などのアクティビティまで、現地のサプライヤーから詳しくお話が聞けちゃいます!! 実際にあなたがタイでロングステイをする際に、一体何が必要なのかシミュレーションができるのはもちろん、疑問や不安も全てここで解決! タイロングステイヤーの先輩達から生の声が聞けるのもこのフォーラムの魅力です。「タイに長期滞在をしてみたい」というあなたは、まずチェンマイに足を運んでこのフォーラムに参加してみて下さい! 

 

※フォーラム参加費は無料! 

参加ご希望の方は必要事項を明記し、EメールかFAXでタイ国政府観光庁東京事務所までお申し込みください。

【必要事項】

1.郵便番号

2.住所

3.氏名(漢字)

4.氏名(カタカナ)

5.電話番号とFAX番号

6.Eメール

【件名】

チェンマイロングステイフォーラム参加申し込み

【宛先】

タイ国政府観光庁東京事務所宛て

Eメール info@tattky.com 

FAX番号 03-3218-0655

 

☆ロングステイフォーラムの航空券と宿泊の手配はi.JTBが素敵!

〜現地でホテルやアクティビティも楽しみたいというあなたに〜

 

素敵ポイント☆1 チェンマイのゴージャスリゾートにステイ

 

素敵ポイント☆2 オプショナルツアーも充実

 

①スコータイ遺跡観光         ②ゴールデントライアングル1日観光

 

申し込みはi.JTBからどうぞ!

 

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 体験レポート  ・  QQイングリッシュ  ・  ミツミ電機  ・  IELTS  ・  クチコミ  ・  CUE留学プログラム  ・  語学学校情報  ・  セブ留学  ・  奨学生  ・  語学学校  ・  TOEIC  ・  大学生  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  DMM英会話  ・  大人&大学生