「ご了承ください」

英語のメールでどう書く?【4】

会社でイチモク置かれる

ビジネス英語フレーズ100

「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。最初の20日間はビジネスで使われるメール上の英語表現を詳しく、分かりやすく解説!! 今回はメール先に注意を促したい場合のフレーズをご紹介致します。

Please be noted.

(プリーズ・ビー・ノーテド)

 

ご了承ください

 

 

こんなフレーズ

 

"please be careful that ○○"(○○のことにご注意ください。)という言い方でも通じますが目上の人にいうにはもっと丁寧な言い方で伝えられるようにできると更に良いです。そんな時はこのフレーズが便利です。

 

どんな場面で使える?

 

この文は何かイベントやプロジェクトの詳細を書いた後のつなげると良い1文です。

"Please be noted 〜"の後には

"that parking is restricted" 駐車場をお使い頂けません

"that registration is required"  事前申込が必要です 

などといった文章が続きます。

 

これも一緒に覚えよう

 

Please be noted が1番相手に失礼のない言い方ですが

"Please note the flowing points" 以下の点にご注意ください

"Please be informed〜" 〜をご注意ください

"Please kindly note that〜" 〜という事項にご注意ください

などの言い方が使えます。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「ビジネス英語フレーズ100」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事