毎日Eトレ!【157】よく分かった
ことを強調したい時に使える表現

相手にすぐ伝わる表現、覚えとこ

今回のテーマは、相手に自分が理解したことを伝える時に、より「よく分かった」と強調できる便利な表現を紹介します。「ちゃんと分かったよ」と相手に伝えたい時に使ってみましょう。

よく分かったよ

It's crystal clear.

 

 

解説 

相手の話していることがあまり理解できなかったり、試験勉強中でも分からない部分って出てきますよね。

そんな疑問や分からないことが、まさに水晶のように透き通る程、100%自分自身で消化して理解できた時に使うのが、crystal clear「よく分かった」です。

この表現は直感的で、さまざまな時に使えますが、実際にどんな時に使われるか例文で見ていきましょう。

 

Do you understand what I said?

私の言ったこと、理解できる?

Yes, it’s crystal clear.

はい、よく理解できます

 

Is what you have to do crystal clear?

あなたがすべきことは明確になりましたか?

Yes it's crystal clear.

はい、明確です

➡人に尋ねる時にも使えます

 

「よく分かった」を表現する英語のフレーズとしては、I understood well.や、少しだけカジュアルな表現としてI got it.などの言い方ありますが、これらにcrystal clearを加えることで、下のようによく理解したことを強調するのも良いでしょう。

 

It’s crystal clear so I understood well.

明確によく理解できました

 

I got it, it’s crystal clear.

了解、分かりました

 

 

ライタープロフィールCinnamon Roll

高校で米国へ留学し、外語大で英語を専攻。卒業後に日本のメーカーで海外営業を担当し、その後外資系メーカーでキャリアを積み、現在は語学研修コンサルタントとして活動。これまでの経験を生かし、日常英語に加え、グローバルビジネスでも通用する英語も少しずつ紹介していきます。

 

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 語学学校  ・  体験レポート  ・  TOEIC  ・  QQイングリッシュ  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  IELTS  ・  セブ島留学  ・  クチコミ  ・  語学学校情報  ・  セブ留学  ・  大人&大学生  ・  ミツミ電機  ・  PR  ・  CUE留学プログラム  ・  奨学生