「メッセージを残されますか?」
英語の電話でどう伝える?【40】

会社でイチモク置かれる
ビジネス英語フレーズ100

「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。英語で電話をかけられること、これは海外や外資系企業に就職する際は必須なスキルとなってくるでしょう。「英語の電話でどう伝える?」では、電話で使える英語フレーズを紹介し、どんな場面で使えるのかを解説していきます。

ビジネスシーンでは相手のために伝言をとったり、またメッセージを伝えるということは日常茶飯事です。電話先の相手が特になにかいっていなくてもこの一言を加えることで相手への思いやりも伝わります。

 

Would you like to leave a message?

(ウド・ユー・ライク・トゥー・リーブ・ア・メッセージ)

メッセージを残されますか?

 

こんなフレーズ

 

“would you like to~”で「~されたいですか?」となります。 “leave a message”で「伝言」の意味になります。

 

どんな場面で使える?

 

相手に伝言があるかどうか聞きたい場合、電話の概要を受け手に伝えたい場合などに使います。

 

これも一緒に覚えよう

 

“May I take your message?” (伝言をお預かりしましょうか?)

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「ビジネス英語フレーズ100」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | IELTS  ・  セブ留学  ・  大人&大学生  ・  クチコミ  ・  CUE留学プログラム  ・  奨学生  ・  語学学校情報  ・  セブ島留学  ・  TOEIC  ・  DMM英会話  ・  体験レポート  ・  QQイングリッシュ  ・  PR  ・  語学学校  ・  ミツミ電機  ・  大学生