「ただ今席をはずしております」
英語の電話でどう伝える?【42】

会社でイチモク置かれる
ビジネス英語フレーズ100

「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。英語で電話をかけられること、これは海外や外資系企業に就職する際は必須なスキルとなってくるでしょう。「英語の電話でどう伝える?」では、電話で使える英語フレーズを紹介し、どんな場面で使えるのかを解説していきます。

電話口の相手がかわって欲しい相手が席を外している場合どのように対応すればよいのでしょうか。覚えておくと便利なフレーズをご紹介します。

 

○○is not available right now.

(○○・イズ・ノット・アベイラブル・ライト・ナウ)

○○は席を外しております

 

こんなフレーズ

 

“available”は「可能・体が空く」などの意味があります。“○○is not here”でも十分通じますが「オフィス事態にきていない=仕事を休んでいる」印象を与えるので注意が必要です。

 

どんな場面で使える?

 

会議などで電話に出られない、外出中などといった場合はこのフレーズを使います。一時的に電話に出られない時などに使えますが、長期的に電話に出られないときは "not available for another 3 hours or so" 「3時間は戻りません」と伝えましょう。

 

これも一緒に覚えよう

 

“○○ can not take your call right now”(○○はただ今電話に出れません。)

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「ビジネス英語フレーズ100」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 奨学生  ・  大学生  ・  CUE留学プログラム  ・  語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  クチコミ  ・  DMM英会話  ・  TOEIC  ・  IELTS  ・  大人&大学生  ・  体験レポート  ・  セブ留学  ・  語学学校  ・  QQイングリッシュ  ・  PR  ・  セブ島留学