「おかけ直し頂けますか?」
英語の電話でどう伝える?【44】

会社でイチモク置かれる
ビジネス英語フレーズ100

「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。「会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ100」では、ビジネスシーンで使える100のフレーズを毎日紹介していきます。英語で電話をかけられること、これは海外や外資系企業に就職する際は必須なスキルとなってくるでしょう。「英語の電話でどう伝える?」では、電話で使える英語フレーズを紹介し、どんな場面で使えるのかを解説していきます。

仕事の都合により、かけ直してもらう必要がある場合、相手にどのように伝えれば良いでしょうか? 

I apologize but could you give us a call again

some time later?

(アイ・アポロジャイズ・バッド・クドゥ・ユー・ギブ・アス・ア・コール・アゲイン・サム・タイム・レイター)

恐縮ですが、お時間をあけておかけ直し頂けますか?

 

こんなフレーズ

 

“I apologize”で 「大変恐縮です」、あるいは「謝ります」という意味になり、 “give us a call”で電話をする、 “again sometime later”でいつかまた別の時間帯に、という意味になります。

 

どんな場面で使える?

 

電話をしてもらった相手に電話を催促する言い方になりますので、細心の注意を払って丁寧に伝えるべき台詞です。相手が重要な取引先で合った場合や目上の人で合った場合などは自分からかけ直します、と伝えたほうがベターです。

 

これも一緒に覚えよう

 

“I am afraid but could you call back later?” (大変強縮ですがおかけ直し頂けますか?)

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「ビジネス英語フレーズ100」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | IELTS  ・  TOEIC  ・  セブ留学  ・  語学学校情報  ・  QQイングリッシュ  ・  PR  ・  奨学生  ・  DMM英会話  ・  体験レポート  ・  ミツミ電機  ・  大人&大学生  ・  セブ島留学  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  CUE留学プログラム  ・  語学学校