E質問箱【19】You are crazy!  って言
われたら怒る? 喜ぶ? こう返そう!

ケンブリッジ大学認定英語教師

ケネス宮本が英語の疑問にお答え

外国人との会話中に、会社での商談の時に、ささいな英語の疑問がわくことってありますよね? そんなあなたの疑問に、ケンブリッジ大学認定英語教師のケネス宮本がお答えします。日頃ふと浮かんだ疑問、ぜひ気軽にメールで質問をお送り下さい。

Helloooooooooooooooooooooooooooo!!

 

How are you, crazy folks?!

ぶっ飛んでるみなさん、調子はどうですか!?^^

 

なんでこんな呼び方をさせてもらったかと言うと、こんなご質問をいただいたからです。笑

 

★質問はこちら!^^

初めて質問させてもらいます!

英語ではCrazyと言うと、褒め言葉なんですか?

 

 

褒め言葉として使われることは確かに多い

初めてのご質問ありがとうございますー!\(^o^)/

率直な問いかけがなかなかグーです。笑

 

英語のcrazyは、「頭が狂っている・おかしい・イカれてる」ってことですね。

本来は文字通りの意味ですし、今でもその意味で使われます。

 

でも確かに、褒め言葉として使われることもとても多いです。

 

Crazy and cool

イカれててイカしてる

 

Crazy in a cool way

イカしてる意味でイカれてる

 

なんて場合は多いですからねー。

冒頭のご挨拶みたいに「ぶっ飛んでる」って訳してのもよいです。^^

 

セールス系の仕事なんかだと、求人広告にこんな文句があったりします。

 

Crazy people wanted!

クレイジーな人材求む!

 

Are you a crazy person? If so, we have a job for you!

あなたはクレイジーな人ですか? なら仕事があります!

 

これらが意味するのは、「明るい」「活発」「よく喋る」「自主性がある」などの要素を持つ人材を求めてる、ってことです。

言われた仕事を大人しく黙々とやる人は不向きです、ってこと。

 

 

伝達のポイントは「表情」と「言い方」、こんな粋な返し方も

という感じで、crazyは元々良い意味の言葉じゃないけれど、良い意味でも使われます。

意味の使い分けは、実際にどちらを意味したいかによりますし、文脈とか表情・言い方がポイントになる言葉です。

 

怒りながらYou’re crazy!と言ったら、「おかしいよ! 理解できない!」といった感じでしょう。

楽しそうに言ったら、「アンタすごいよ。敵わない」なんて意味合いになりますねー。

本心ではウンザリ、でも笑顔でイヤミを含めて言うことも、可能ではあります。苦笑

 

会話の中で、Are you crazy?と訊くのは、よい意味ではないのは自然と明らかですね。

「何考えてんの?」「おかしいんじゃない?」なんて伝わり方になります。

でも、これも冗談として使うことができます。

 

ところで、誰かにYou’re crazy.と言われた場合、こんな返し方があります。

 

I take it as a compliment.

褒め言葉として受け取っておくよ

 

相手が褒めてる、けなしてる、どちらの場合でも使えます。

(相手がけなしてる場合はイヤミな返答になります。苦笑)

 

もちろんcrazyに対してだけじゃありません。

例えば、僕(ケネっち)はたまに「そういう考え方の男の人ってあまりいないよね」なんて言われることがあります。

僕としては嬉しいことなので、I like that. I take it as a compliment.「いいね。褒め言葉として受け取っとくよ」なんて言ったりします。

話術としてなかなかのレベルと言えるものですから、ぜひ使ってみてください。^^

 

 

「狂ってる」の言い方いろいろ

シノニム(同義語)がたくさんある英語には、crazyのシノニムもたくさんありますよー。

その中でもよく使われる単語・表現をザッと見ていきましょう!

 

以下は、人にも物事にも使えるものです。

You are It’s 、などと繋げてみましょう。

 

mad

➡イギリス人がよく使うcrazy

 

nuts

➡アメリカ人がよく使うスラング。けなす場合が多め

 

insane 「正気でない、発狂してる」

sane「正気である」の反対語。発音は/ɪnˈseɪn/「インセイン」

 

mental

➡よい意味で使われることは少なめ

 

以下は、人について使われるもの。

よい意味で使われえることは稀なので注意。

 

out of your mind.

➡主語によってyourの部分が変わる

 

out there

out of it

➡後者は物事に使われることも

 

これらは、それぞれ「本来の意味」と「よい意味」の度合いに差異があります。

crazyがよい意味で使われる傾向にある昨今では、本当に「おかしい、狂ってる」と言いたい場合に使われたりもします。

それでもやっぱり、伝達のポイントは「表情・言い方」です。

 

ちょっと余談になりますが。

以前、友達の女の子とチャットをしていた時に、こんなやりとりがありました。

 

Friend: You are crazy.

友達:あなたクレイジーだわ

 

Kenneth: Am I? well, maybe I am.

ケネス:そうかな? ふむ、そうなのかもね

 

Friend: I said crazy, not insane.

友達:ぶっ飛んでるって言ったのよ、狂ってるじゃなくて

 

Kenneth: Ha-ha, okay.

ケネス:あはは、そっか。

 

いかがでしょうかー?^^

 

 

あなたのE質問(英語の質問)はこちらにどうぞ!

toukou★cheerup.jp

★マークを@マークに変えてお送りください。

ケネっちは質問をもらうのが大好きです!お気軽に!^^

 

 

ライタープロフィールケネス宮本

アメリカ、イギリスなどで計7年の海外生活経験をもつ生粋の日本人。英語教師、翻訳・通訳、コラムニスト。雑学(科学全般・歴史・芸術など)が大好き。色んな言語をカタコトで話すのも大好き。取得資格:ケンブリッジ英語教師資格(CELTA)ほか語学系。

 

 

「ケネっちの記事をもっと読みたい!」という方は記事一覧へどうぞ!

更新は毎週金曜です。

ぜひブックマークしておいてください!^^

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「E質問箱」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | DMM英会話  ・  PR  ・  IELTS  ・  体験レポート  ・  ミツミ電機  ・  CUE留学プログラム  ・  奨学生  ・  TOEIC  ・  大学生  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ島留学  ・  クチコミ  ・  大人&大学生  ・  語学学校  ・  語学学校情報  ・  セブ留学