語学力を磨き職人たちの仕事観や

プロフェッショナル精神にふれたい!

Franck Muller × Cheer up! English Presents Study Abroad <Vol.04>

ロンドン語学留学&スイスインターンシップ

スイスの高級機械式腕時計ブランド『フランク ミュラー』の日本輸入総代理店であるワールド通商株式会社と、Cheer up! Englishが行う留学プログラム第4弾の奨学生が決定!出発直前、期待に胸を躍らせている留学生に、その意気込みを聞きました。

「ロンドン語学留学&スイスインターンシッププログラム」とは

Cheer up! English が意欲ある有能な若者たちに学びのチャンスを提供すべく行っている留学プログラム。今回は、世界最大の機械式時計生産国スイスで、高級機械式時計ブランドとしてその名を轟かせている『フランク ミュラー』の日本輸入総代理店であるワールド通商株式会社がプログラムを全面サポート。時計工房でのインターンシップ体験と、ロンドン語学学校での英語研修を通じて国際感覚を養うと共に、スイスの伝統産業である時計作りの“粋”を体験することがミッションです。

 

私が留学します!

室岡小百合さん

 

青山学院大学総合文化政策学部に通う1年生。インターナショナルスクールへの通学歴あり。英語力のさらなるステップアップと、高級機械式時計を生み出す職人やマーケティングのプロの仕事を間近で見るため、今回のプログラムに応募。ライフワークとしているカメラで、ロンドンやスイスの美しい風景に人物スナップなど、旅の記録を切り取ることも楽しみにしている。

 

イギリス現地の人々とより深いテーマについて

ディスカッションできる英語力を磨く

 

イギリスへは、ちょうど1年前に写真の勉強で1ヵ月ほど留学していました。その頃と比べてイギリスはどう変わっているのか、私自身この1年でどう成長できたかを感じられたらと思っています。

小学生のころにインターナショナルスクールに通っていたので、基本的な英語力は身についています。普通の日常会話なら問題ないのですが、話題が論理的なテーマになると、英語でうまく表現できずにもどかしさを感じることも。ディスカッションやディベートの場面で怖気づいてしまうことがあるので、イギリスの語学学校で英語力を鍛えたいと思っています。特に、イギリスのEU離脱の問題やIS(過激派組織「イスラム国」)の問題などについて、現地の人たちはどう感じているのか、どんな意見を持っているのかを聞いてみたいですね。

 

また、語学学校のクラスメイトは社会人の方が多いと聞いているので、世界中から集まってきた方たちと話をしたいですし、ロンドン滞在中お世話になるホストファミリーとは一緒にいる時間が長いので、より深い話まで聞けるのでは、と期待しています。英語力をアップさせて、スイスでのインターンシップにも生かしたいです。

 

職人やスタッフのプロフェッショナル精神にふれ、

“フランク ミュラー ブランド”の魅力を探りたい

 

普段から社会人やクリエイターの方と接することが多いのですが、皆さんそれぞれ仕事観や価値観が違って、お話を聞いているだけでとても楽しい。フランク ミュラーの時計も、世に出るまでにさまざまな職人の方々、マーケティング・セールススタッフの方々が関わっていて、それぞれ異なる仕事観を持っているはず。「フランク ミュラー ウォッチランド」で、実際に職人やスタッフの方々からお話を聞き、そのプロフェッショナル精神に直にふれたいと考えています。

フランク ミュラーは世界的に愛され続けているブランドですよね。高い技術力と豊かな発想力、優れたデザインによってそのブランドの地位を確固たるものにしていることは間違いありません。工房では、複雑な機械式時計がどんなプロセスを経て形になっていくのかをリサーチしながら、人々を魅了し続けるその秘密を探っていきたいと思います。

 

また、スイス自体初めて行く国なので、まずはスイス全体の文化を自分の肌で体感したいと思っています。特に食べ物がおいしそうなので、インターンシップ中にチーズフォンデュを食べるのを楽しみにしています(笑)。自由研修の日はアルプスのふもとのアヌシーを訪れる予定。気の向くままにいろんなところを探索してみたいと思います。景色が綺麗だと聞いているので、写真もたくさん撮りたいです。

 

芸術を通して日本とヨーロッパの懸け橋に

そのカギを見つけられたら

 

ヨーロッパは日本よりもアートへの理解や造詣が深く、美術館やギャラリーに足を運ぶのは当たり前、という文化が根づいていると聞いています。私の将来の夢は、“芸術”というツールを通して日本とヨーロッパの懸け橋になり、産業を盛り上げること。いまは写真を撮ることがメインになっていますが、写真以外でも自分にできることはあるんじゃないかと思っているので、そのカギを見つけられたら。今回は時計産業というひとつの産業について新しく学べるので、自分の将来に生かせるものを見つけられたらなと思っています。また、個人旅行ではなかなか出会えない人たちと出会ってさまざまな話ができると思うので、たくさんのインスピレーションを受けたいです。

 

撮影/さとうのりゆき 取材・文/芳賀直美

 

 

一緒に読みたい! ロンドン語学留学&スイスインターンシップ 2016 夏

 

イギリス語学留学&スイス時計工房  第4回留学プログラムデイリーレポート

 

インターンで沢山の出会いを経験し「自分ができる事」を考えるきっかけに

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | IELTS  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  語学学校情報  ・  PR  ・  セブ留学  ・  DMM英会話  ・  奨学生  ・  ミツミ電機  ・  大学生  ・  語学学校  ・  大人&大学生  ・  体験レポート  ・  クチコミ  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ島留学