MITSUMI ENGLISH CAMPの奨学生
6人のセブミツミを訪問、何を学べた?

MITSUMI ENGLISH CAMP
2016 Summerリアル体験記!

Cheer up! Englishで2016年春に応募締切した、MITSUMI ENGLISH CAMP 2016 Summer。2週間の語学留学に加えて、世界で活躍する日本企業であるミツミ電機のセブミツミ工場を見学できる、という留学プロジェクトです。6人の奨学生はセブミツミを見学して、どんなことを学んだのでしょうか。それぞれの感想を参考に、グローバル化した日本企業の役割などを考えてみましょう。

 

ミツミ電機を知ろう

 

今回の奨学生募集についてはこちらをご覧ください! 

セブにあるミツミ電機の工場。留学中には工場見学にも行きます

  

★以前の記事★ 6名それぞれの英語の悩みや目標、語学学校を発表! 

 

★前回の記事★ 7月24日のTOEIC受験当日のレポートはこちら! 

 

★前回の記事★ 7月24日のTOEIC受験結果はこちら! 

 

 

セブシティのマリオットホテルで待ち合わせて、いざセブミツミへ出発!

朝8時出発のため、早い奨学生は6時ごろ集合場所のマリオットホテルに到着。6人全員が7時には全員到着し、出発時間の8時まで朝食をいただきながらゆったりと待ちます。

8時に奨学生全員が送迎車に乗って一路ダナオにあるセブミツミへ。

マリオットホテルからセブミツミまではこの休日のこの時間帯なら1時間あれば到着しますが、突然の雨などが降りやすい雨期のセブでは一度雨が降ると大渋滞になり、通常の倍の時間を見積もってもそれより時間がかかることもあるため、時間に余裕を持って出発しました。

 

セブミツミ見学の流れは?

当日のおおまかなスケジュールはこんな感じ。セブミツミでは昼食もいただきます。

  • 10:00 ~セブミツミについて
  • 11:00 ~工場見学
  • 12:00 ~社内食堂で昼食
  • 13:30 ~海外における日本企業とは

 

セブミツミについて▶オリエンテーションはオールイングリッシュ

セブミツミの工場には全部で12棟の施設があり、それぞれの施設で何が作られているか、主要な出荷先となる国の説明などを聞くことができました。また従業員数などについても説明があり、およそ22,000以上の人が働いているそうです。

ここではすべて現地のスタッフによる英語の説明のため、みんな図と照らし合わせながら英語の説明を理解しようとしています。

現地スタッフによるオールイングリッシュでの説明に耳を傾けます

 

工場見学▶各施設をめぐり実際の生産の現場を見学

広大な敷地を誇る工場内はとても徒歩ではまわり切れないので、10人乗りのバンで各施設を移動して見学します。 

今回は中でも主要な施設をピックアップして見学し、それぞれの施設のご担当者に実際の機会や働いている人の配置や人数など、製造現場を見ながらお話を伺うことができました。担当者は日本人の場合もあれば現地スタッフの場合もあり、現地スタッフの場合は英語で説明を受けました。

  • 金型製造工程

    金型はいわば部品を作るための部品。プレス式とインジェクションと呼ばれる注入式があります。プレス式は主に金属をプレスして整形するため、注入式はプラスチックなどの樹脂を型に注入して成形するために使います。

  • 金型を使った部品加工工程

    プレス式、注入式の金型を使って、実際に部品を作る工程です。長い金属素材がプレスされてどんどん部品ができる様子は圧巻です。

  • アクチュエータの組み立て工程

    アクチュエータとは、携帯などのカメラ部分で使われる部品、1日に100万個作られているそうです。

  • 工場内の水供給設備

    セブでは水質が安定していないので、工場内で供給できる設備を備えています。現地スタッフの飲み水もそこで作られています。ちなみに電気について、停電が多いことから停電が起きても工場を操業できるように発電施設を備えているそうです。

  • レクリエーション設備

    従業員の要望に応えていろいろな設備が追加されています。コンビニやジム、コインランドリーにバスケットゴール、教会まであります。さらに福利厚生のひとつとして社員価格で航空券の手配もできるようになっています。

 

社内食堂で昼食▶現地日本人スタッフと現地セブのスタッフと昼食

みんなで一緒に昼食をいただきます。現場を見て奨学生からセブミツミのみなさんに質問させていただいたり、セブミツミの方から留学の様子をご質問いただくなど、和気あいあいとしたムードの中、昼食をいただきました。

セブミツミの工場で働くスタッフのみなさんと同じ食堂でいただきます!

 

施設を案内してくださったセブミツミの現地スタッフと。彼女もまたミツミ電機の奨学生だったのだそう

 

現地スタッフにはもちろん英語で会話。いろんなことが聞ける貴重な機会です

 

海外における日本企業とは▶日本企業の海外進出、海外で働くということ

食事を食べ終わって同じ会議室に戻ってきました。

ここではすべて学生による質疑応答の時間になりました。工場をひととおり見学して、学生ならではの視点で積極的に質問をしました。今までずっと英語で話していた現地スタッフの方が、日本語の質問に直接英語で答えてくれて、まさか日本語をそこまで理解されているとは思わず、奨学生一同がびっくりする場面もありました。 

 

 

阿部信吾さん 秋田大学 国際資源学部2年(山形県出身)

英語レベル 英検2級 TOEIC500点 ➡TOEIC595点(2016年7月24日受験結果)

セブの語学学校 Bayside RPC校/General Course

見学の感想▶英語を使って仕事するのが当たり前だったセブミツミ

 

 

石川拓弥さん 多摩大学 情報経営学部3年(千葉県出身)

英語レベル TOEIC IP 300➡TOEIC210点(2016年7月24日受験結果)     

セブの語学学校 First English Global College/General Course

見学の感想▶初めての工場見学とセブミツミの圧倒的なパワーに驚く

 

 

 

津田谷和英さん 早稲田大学 基幹理工学部1年(東京都出身)

英語レベル 英検2級、TOEFL ITP500点、TOEIC560点➡TOEIC530点(2016年7月24日受験結果) 

留学した語学学校 QQ English IT Park校/スタンダードプラン

見学の感想▶セブ独特の労働における特色と雇用形態

 

 

 

富家梓さん 宮崎大学 農学部 2年(宮崎県出身)

英語レベル TOEIC650点➡TOEIC570点(2016年7月24日受験結果)  

留学した語学学校  CEGA(Cebu English Global Academy)/強化コース 

見学の感想▶グローバル化の進む今、求められること

 

 

中澤彩乃さん 日本女子大学 人間社会学部 3年(神奈川県出身)

英語レベル 英検3級(中学生の時)➡TOEIC490点(2016年7月24日受験結果)

留学した語学学校 QQ English シーフロント校/スタンダードプラン

見学の感想▶はじめてグローバル企業を見学

 

 

 

夏目絢太さん(神奈川県出身)法政大学理工学部 電気電子工学科3

英語レベル TOEIC IP 790TOEFL iBT 77➡TOEIC895点(2016年7月24日受験結果)

留学した語学学校 Story Share 英語漬け校舎/1日8時間コース

見学の感想▶グローバルに企業が海外展開することの恩恵

 

 

TOP PREV 1 2 3 NEXT LAST

おすすめ記事

2017.04.18 | ミツミ電機  ・  大学生  ・  PR  ・  IELTS  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ島留学  ・  TOEIC  ・  DMM英会話  ・  体験レポート  ・  奨学生  ・  語学学校情報  ・  CUE留学プログラム  ・  セブ留学  ・  語学学校  ・  大人&大学生  ・  クチコミ