バイリンガール吉田ちかさん(前編-2)

シアトル育ちの帰国子女がYouTuberに

YouTubeで話題沸騰の英語番組を配信

453

 

――『バイリンガール英会話』の中でも「アジア人が英語を話せて、日本人が話せない理由」という動画が特に人気ですよね。

 

意外なことに、あの動画は、再生回数とコメントが1番多いものなんですよね。日本の英語学習者の多くがネイティブ英語にこだわっているのを見て、パーフェクトを目指してしまう日本人の性格も英語に苦戦する大きな理由なんだろうなと思いました。ネイティブの英語を目指してしまうから、どこかのタイミングで「無理」とか「ハードルが高い」ということになってしまうんだと思います。言葉は、コミュニケーションの為のツールなので、伝われば完璧な発音ではなくていいと思いますし、簡単なフレーズでいいと思います。コンサルの仕事で色んな国の方々とお仕事をしていましたが、彼らの英語を聞くと、全然パーフェクトじゃないし、ネイティブじゃないけど、みんな堂々と仕事で使っていました。英語に苦戦している学習者の皆さんに向けて、少しでも英語のハードルを下げられればと思って、あの動画をアップしました。

 

――確かに。日本人はちかさんのおっしゃる通り、他のアジア諸国の方々に比べると外国人に対して臆病で自己主張ができない気がします。では、そういった壁をなくすために一番必要なものってなんだと思いますか?

 

英語に限ったことではありませんが、どこかで壁を超えてみようと思う意識や、多少の勇気は必要だと思います。例えば、スカイプレッスンでも、最初はネットで知らない人と英語で話すなんて!?と思うかもしれませんが、1回やってみると全然平気だったり、意外に楽しかったりすると思います。リアルに外国の方と英語で話すのも、外国人の知り合いが1人でもできたら、その後はハードルがさがりますよね。1人目とか1本目など、まずは始めて見ることが大事なんじゃないかと思います。周りがどう思うのかを気にして中々踏み出せない人が多いと思うんですが、他人って自分が思うほど気にしていないし、わたしも含めてみんな自意識過剰なんですよ。だから「人はそんなに意識してないよ」っていう事を自分に言い聞かせて、最初の1歩を踏み出してみることが大切だと思います。

 

英語を習得するのに最も大事なことはやはり1歩踏み出すことですね。後編では『バイリンガール英会話』を活用した英語の勉強法をちかさんに聞いていきます。

 

●関連記事

バイリンガール吉田ちかさん(後編) 『バイリンガール英会話』で英語学習

 

■プロフィール
吉田ちか(よしだ・ちか)
小学校1年生の時に両親の仕事の都合で渡米。大学卒業まで、アメリカはシアトルで過ごす。日本に帰国後、コンサルティング会社に就職し、並行して銀座にネイルサロンをオープンする。3年前にはじめたYouTube上の英会話番組『バイリンガール英会話』が人気を博し、昨年12月にコンサルティング会社を退職。現在はフルタイムのYouTuber(ユーチューバー)として活動している。

 

『バイリンガール英会話』とは……吉田ちかさんがYouTube上で発信する英会話のチャンネル。「びっくりした時に使うフレーズ」、「You knowの使い方」など日本人の英語学習者が知りたい英会話のHow toを吉田ちかさんが楽しく教えてくれます。

★バイリンガール英会話 ★ Bilingirl English

http://www.youtube.com/cyoshida1231

 

 

撮影/長谷川梓 構成・文/高石真帆(編集部)


おすすめ記事