映画の予告編で学ぶ|パッセンジャー PASSENGERS

2017年アカデミー賞<美術賞>

<作曲賞>ノミネート作品

日本語字幕がない映画の予告編でリスニング力を鍛えましょう。すべての英語のフレーズと翻訳もご紹介し、予告編の動画の中でおさえておきたい英語表現や文化など、ワンポイントアドバイスもあります。

日本語吹替版テーマソングには、JUJUが自身初の洋画実写へ楽曲を書き下ろししたことも話題になりそう。

みどころ 

世界中で注目を集める ジェニファー・ローレンス×クリス・プラット主演! 

本年度アカデミー賞<美術賞><作曲賞>ノミネート洗練された作家・オーロラ役には『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス。『X-MEN』シリーズなどの超大作にも出演し、米フォーブス誌発表の2015年&2016年<世界で最も稼いだ女優>にも選ばれました。

素朴でシャイなエンジニア・ジム役は『ジュラシック・ワールド』で世界中を熱狂させた"ワイルド系男子"のクリス・プラット。監督は『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞ノミネートの俊英モルテン・ティルドゥム。

さらに本作は、本年度第89回アカデミー賞では、<美術賞>と<作曲賞>にノミネートされています。過去と未来が融合した未だかつて見たことのない豪華宇宙船、そしてヒューマンドラマをエモーショナルに盛り上げる音楽にも注目です。

 

あらすじ

20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。地球では出会うはずもなかった身分違いの男女、エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事がふたりの運命を狂わせていく。 

 

 

知っておきたい英語・文化のワンポイント

「ハズれなし」「テッパン」「無難」の小粋な言い方

 

この予告編は、登場人物が2人だけなので文字起こしが楽でした。笑

さて、その中でこんなセリフがあります。

 

I think something went wrong with the hibernation pods.

冬眠カプセルに何か支障があったんだと思う

 

ここで使われてるgo wrong (with…)っていう表現、「(…が)あらぬ方向にいく」「よくない・おかしな事になる」っていうことです。

 

Can you help me?

Something is going wrong with the computer.

手を貸してもらえますか?

コンピューターがおかしな事になってるんです

 

A: How did the date go last night?

B: It went so wrong. We had an argument.

A:夕べのデートはどんな感じだった?

B:大失敗だったよ。口喧嘩になっちゃって

 

なんて感じに使われます。

でもって、この表現を使った決まり文句があります。

 

You can’t go wrong with

…でハズれる事ナシ

 

「あり得ない・なり得ない」のcan’tがついて、「間違いがない・テッパン」って意味なんですよー。

「無難」って意味でも使えます。

この時、youは「あなた」じゃなく「人(というもの)、誰でも」なので、どの場面でもyouが使われることに注目。

 

A: What kind music shall we play?

B: Let’s go with R&B.

C: Yeah, you can’t go wrong with R&B!

A:どんな音楽かける?

B:アール&ビーでいこうぜ

C:うん、アール&ビーなら外れナシだね!

➡「最高」の意味でいうのも可

 

A: Should I get this black one? Or do you think red is better?

B: They are both nice, but you can’t go with black.

A:この黒いのを買うべきかな?それとも赤がいいと思う?

B:どっちもいいけど、黒なら間違う事がないわよね

➡「どんな場合でも使える」の意味合いを含めるのも可

 

ノリがあってパシッと小粋な言い方なので、ぜひぜひ使ってみて下さい。

 

いかがでしょうかー?^^

 

 

予告編のセリフとその和訳はこちら!

Copy:

JENNIFER LAWRENCE

コピー:

ジェニファー・ローレンス

 

CHRIS PRATT

クリス・プラット

 

PASSENGERS

OFFICIAL TRAILER

パッセンジャー

オフィシャルトレーラー

 

Aurora (Jennifer Laurence):

Hello?

オーロラ(ジェニファー・ローレンス):

なーに?

 

Letter:

DINNER TONIGHT?

JIM

手紙:

今夜、食事でも?

ジム

 

Aurora:

Is he asking me on a date?

オーロラ:

彼は私をデートに誘ってるの?

 

Jim (Chris Pratt):

She didn’t seem that impressed.

ジム(クリス・プラット):

そこまで驚かなかったみたいだな

 

Wow…

うわあ…

 

Aurora:

You clean up pretty good yourself.

オーロラ:

あなたも綺麗に正装してるじゃない

 

Bartender:

You two look fine this evening.

バーテンダー:

おふたりとも今夜は着飾ってらっしゃる

 

Aurora:

We’re on a date.

オーロラ:

デートなの

 

Bartender:

Very nice.

バーテンダー:

それは素敵な

 

Aurora:

It took you long enough to ask.

オーロラ:

誘ってくれるまでに時間をかけたのね

 

So, why did you give up your life on Earth?

それで、あなたはなんで地球での人生を放棄したの?

 

Copy:

COLUMBIA PICTURES

PRESENTS

コピー:

コロンビア映画

が贈る

 

Narration/Aurora:

We boarded the Avalon with a destination.

ナレーション/オーロラ:

私達は目的地を目指してアヴァロン号に乗り込んだ

 

A hundred-twenty years’ hibernation, means a wake-up in the new century, on a new planet.

120年間の冬眠で、新しい世紀に、新しい惑星で目覚めることになる

 

But a year ago, everything changed.

でも1年前に、全てが変わった

 

Jim:

Hello!

ジム:

おーい!

 

Anybody here?!

誰かいるか!?

 

Aurora:

Hello?

オーロラ:

あれ?

 

Do you know what’s going on?

Nobody else is awake.

どうなってるのか判る?

他の誰も起きてないわ

 

Jim:

I think something went wrong with the hibernation pods.

ジム:

冬眠カプセルに何か支障があったんだと思う

 

We woke up too soon.

俺達が起きたのは早すぎた

 

90 years too soon.

90年早すぎたんだ

 

Aurora:

This can’t be happening.

We have to go back to sleep.

オーロラ:

こんなことあり得ない

冬眠に戻らなきゃ

 

Jim:

We can’t.

ジム:

無理だ

 

Friends on monitor:

Aurora, we love you!

画面中の友達:

オーロラ、大好きよー!

 

Jim:

Something’s wrong.

ジム:

何かがおかしい

 

Something big.

とんでもないことが

 

Aurora:

What do we do now?

オーロラ:

どうすればいいの?

 

Jim:

Do you trust me?

ジム:

俺を信用するか?

 

Copy:

THIS CHRISTMAS

コピー:

このクリスマスは

 

EVERY

ひとつひとつの

 

MOMENT

瞬間も

 

COUNTS

無駄にできない

 

Jim:

This ship’s gonna go.

I have to do this.

ジム:

この船なら行ける

これはやらなきゃならない

 

Aurora:

No!

You die, I die!

オーロラ:

だめよ!

あなたが死ぬ時は私も死ぬ!

 

Copy:

JENNIFER LAWRENCE

コピー

ジェニファー・ローレンス

 

CHRIS PRATT

クリス・プラット

 

Jim:

There’s something I have to tell you.

ジム:

君に言わなきゃならないことがある

 

There is a reason we woke up early.

俺達が早く目覚めたのは訳があるんだ

 

Copy:

PASSENGEERS

コピー:

パッセンジャー

 

 

パッセンジャー

PASSENGERS

日本公開:3月24日(金)全国ロードショー

全米公開:2016年12月21日

監督:モルテン・ティルドゥム

出演〔役名〕:ジェニファー・ローレンス〔オーロラ・レーン〕、クリス・プラット〔ジム・プレストン〕、マイケル・シーン〔アーサー〕、ローレンス・フィッシュバーン〔ガス・マンキューソ〕

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

公式サイト:http://www.passenger-movie.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/SonyPicturesJP

公式Facebook:https://www.facebook.com/SonyPicturesJP

公式Instagram:https://www.instagram.com/sonypicturesjp/

#パッセンジャー

 

ライタープロフィールケネス宮本

アメリカ、イギリスなどで計7年の海外生活経験をもつ生粋の日本人。英語教師、翻訳・通訳、コラムニスト。雑学(科学全般・歴史・芸術など)が大好き。色んな言語をカタコトで話すのも大好き。取得資格:ケンブリッジ英語教師資格(CELTA)ほか語学系。

 

 

 


「映画・ドラマで学ぶ」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | セブ留学  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  DMM英会話  ・  奨学生  ・  ミツミ電機  ・  QQイングリッシュ  ・  体験レポート  ・  大人&大学生  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  語学学校情報  ・  IELTS  ・  語学学校