【最終章】ついにカナダ永住権を取得!

DOGAの永住権取得奮闘記

【近況報告】 2016年9月にファミリークラスで永住権の申請をし、ただひたすら待つこと約6ヵ月半。先日 「Ready for Visa」という件名のあるメールが届きました。その時は一瞬「え? どういうことだ?」とすぐに状況を理解できなかったのですが、すぐにメールを開いてようやく理解できました。そうです……ついに永住権がおりたのです! 想定の12ヵ月の半分ほどの期間で永住権がおりたのですが、気持ち的には長かった……。実は僕は今のビジターのビザの期限が近いのもあり、更新も兼ねて4月末に日本への一時帰国を予定していました。これでビジタービザを更新することなく、 カナダに戻ってくるときに永住権への切り替えができるのです。なんとも良いタイミング。そこで本日は、「永住権取得奮闘記」の最終章と称しまして、永住権ビザに切り替えるための書類 「CoPR(Confirmation of Permanent Residence)」が届くまでの流れと、今までのプロセスのタイムラインを整理してご紹介したいと思います。

メールが届いても「In Process(審査中)」?

そもそもこの「Ready for Visa」という件名のメールですが、その名の通り、あくまで「永住権審査が無事終わったので、Visaを発行できる準備が整ったよ」という趣旨の報告メールです。審査に問題はないので永住権を発行してくれることに変わりはないのですが、実際にはまだ永住権が確定しているわけではありません。 なんならカナダ政府のサイトの自分のアカウントで手続きステータスを確認してもまだこの時「In Process(審査中)」状態だったのです。「普通、審査が完了したからこのメールが届いているのでは? 」と不安になりましたが、いろいろ調べてみるとどうやらこのメールとサイト上のステー タス変更のタイミングはずれていることがあるようで、僕も数日後にようやくサイト上で 「Decision Made(審査済み)」に変わりました。

 

30日以内に最終意思を申告

届いたメールに記載されていた内容を簡単にまとめると「ほぼ永住権審査の工程が完了しました。つきましては、PR発行にあたり30日以内に以下の手順を踏んで必要書類を申請してください。」というものでした。 つまり30日以内に「発行の依頼」をしなければ最終判断は下されないということです。その手順というのが以下です。

<手順>

1.申請書類内容に変更がある場合は直ちにメールで申告

 

2.自分がパスポート(原本)の提出が必要かどうかを確認

国によっては入国の際にビザの発行が必要な国もあります。その国の人はパスポート原本を送る必要があります。日本はカナダ入国の際に「eTA」という許可証だけで良いので、日本人である僕の場合はパスポートの原本の提出は不要。

3.必要書類を集める

・AnnexA(最終申告書)


・顔写真2枚


・パスポートのコピー1枚

・返信用封筒(Xpressportという前払いタイプの封筒指定)

4.集めた書類一式を発送

ちなみに僕はメールが届いてから2日後にカナダポストを通して普通郵便で発送しました。日本一時帰国までに永住権の許可証を受け取りたかったからです。

 

発送後11日経過後にようやく!! 

そして待つこと11日後、許可証こと「CoPR(Confirmation of Permanent Residence)」の紙が届きました! いつこのCoPRが届くかや、自分の発送した書類が届いたかどうかすら通知を受けられないので、この待っている期間はかなりドキドキしましたね。

CoPRは同じものが2部あり、自分が送った写真のうち1枚がこのCoPRに付いてます。

あとはカナダ入国の際にこの書類を提示して署名を済まし、面接を受ければ晴れて永住権所持者としてのステータスに切り替わるようです。日本一時帰国時に無くさないよう肌身離さず持っておこうと思います。

  

永住権審査にかかったこれまでのタイムスケジュール

最後に2016年9月に永住権を申請してからの流れとタイムスケジュールをご紹介しておきます。

僕の場合はファミリークラスの「国外申請」です。

-2016年9月26日 ミシサガのオフィスへ書類発送

-2016年10月9日書類再発送(不備があり書類が一度戻ってきたため)

-2016年10月11日 オフィスへ書類到着 -2016年11月1日 スポンサーの書類審査開始

-2016年11月2日 書類を正式に受理の連絡

「Correspondence acknowledging receipt of your application(s)」

-2017年2月20日 スポンサー審査合格

※時間がかかりすぎていたので電話で確認したらその後すぐにおりました

-2017年3月4日 オタワのオフィスへ自分の書類が転送され審査開始

-2017年4月5日 永住権審査終了のお知らせメールを受けとる 「CPCO-FinalRequest」

-2017年4月7日 最終意思確認用の最終書類を発送

-2017年4月18日 CoPR(Confirmation of Permanent Residence)が届く

合計7ヵ月弱です。

家族の状況や書類が送られるオフィスによっては所要期間が異なることはよく ある話なので、あくまで一例としてとらえておいてもらえればと思います。 以上、ついに永住権がおりたというお話でした。

 

本テーマで最初に記事を書いてきて、もう少しで1年が経とうとしています。当初はExpress Entryという方法を通してスキルドワーカーとして 永住権取得を目指していましたが、結果的に結婚してファミリークラスで永住権を取得する運びとなりました。

あれから色々なことがありましたが、こうして無事自分の大切な人と引き続きカナダで一緒に暮らしていけるということに、今は素直に安心しております。そしてこれから頑張っていこうというポジティブな気持ちでいっぱいです。今まで本記録を読んでくださっていた方には改めて感謝申し上げます。

「DOGAの永住権取得奮闘記」はこれにて最後となりますが、また機会がございましたら面白い情報をご紹介していければと思いますので、またその時までお元気で! ありがとうございました!

 

 

ライタープロフィール●Doga

日本の通信・IT関連の会社で3年半働いた後ワーキングホリデーのビザでトロントへ渡り、現地の仕事片手間にブログ運営、ライター、翻訳の仕事をしながら生活をしているDoga (@DogadogaTv)です。ブログ「DOGA2 Blog B面」では、ワーキングホリデー、永住権に関することから、トロント情報、ガジェット情報、商品紹介、海外生活情報など幅広く綴っております。現在はカナダでの永住権取得に向けて準備中です。

 


おすすめ記事

2017.04.18 | QQイングリッシュ  ・  大人&大学生  ・  PR  ・  語学学校情報  ・  TOEIC  ・  IELTS  ・  セブ島留学  ・  奨学生  ・  ミツミ電機  ・  語学学校  ・  DMM英会話  ・  体験レポート  ・  クチコミ  ・  CUE留学プログラム  ・  大学生  ・  セブ留学