Dear B,

Editor
BRIDGETと友人達のLetterを管理するDear B,のEditor達。彼女達の目標は、多くの女の子をBRIDGETのように世界に飛び立たせること。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
WORLD
2017.08.07

ニューヨークの観光スポットに新しい風!

注目の名所が続々とオープン!

流行の発信地でもあり、タイムズ・スクエアや自由の女神、セントラル・パークなど多くの観光スポットを持つ大人気都市・ニューヨークには、毎年多くの人が訪れています。そんな魅力溢れるニューヨークに最近、新しい観光スポットが続々オープンしているのを知っていますか? ここでは、ニューヨークに行ったら訪れたい、最新の観光スポットをピックアップしたいと思います。あせて、今後オープン予定の施設もご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね!

NYC注目の最新観光スポット3

 

ニューヨークは、ここ12年で続々とたくさんの新しい観光スポットが誕生しています。ここでは、そんな最新観光スポットの中でも、注目の場所を3つご紹介したいと思います。

 

1. ブルックリン・スティール

ブルックリン・スティールは、ニューヨーク市の5つの地区の中で、若者に人気の地区・ブルックリンのウィリアムズバーグにあるライブハウスです。約1,800人収容できる広さを持ち、ブルックリン地区のライブハウスの中では最大規模のようです。ロックシンガーからフォークシンガーまで、幅広いジャンルのアーティストがライブを行っています。アメリカン・ミュージックが好きな人は、ぜひ訪れてみてください! ブルックリン・スティールへは、地下鉄Lラインの “Grand St”(グランド・ストリート)、もしくは地下鉄Gラインの”Metropolitan Av”(メトロポリタン・アベニュー)を利用すれば、徒歩10分ほどで到着します。

 

2.レスリーローマン・ゲイ&レズビアン・アート美術館

レスリーローマン・ゲイ&レズビアン・アート美術館は、世界で初めて”LGBTQ”に関するアートの展示に特化した美術館です。ここではLGBTQの実態や直面している課題を知ることできるだけでなく、エンターテイメントとしても楽しめる場になっています。通年68つの常設展が開催され、他にも映画の上映や演劇、アーティストとキュレーターによるトークショーなども開かれているようです。LGBTQに関心のある方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか? この美術館へのアクセスは、地下鉄A/C/Eライン、もしくは地下鉄N/R/Wラインの”Canal St”(カナル・ストリート)から、徒歩5分ほどです。

 

3.エンパイア・ステート・ビルディングの日の出体験

ニューヨークに行ったら外せない観光スポット・エンパイア・ステート・ビルディングに、体験型のチケットが発売されました。その名も” Sunrise Experience at The Empire State Building” エンパイア・ステート・ビルディングの日の出体験。これは、このビルの86階の展望デッキから、マンハッタンの街並みを360度楽しみながら日の出を見ることができるというものです。自分で日の出を見る時間を決めることができ、滞在時間の制限はありません。この日の出体験のチケット価格は、日本円で約11,000円ほどです。毎日100人限定となっているそうなので、訪れたい場合は早めに予約することをおすすめします。このビルから見る夜景も素晴らしいですが、日の出も同じように美しいことでしょう。1日の始まりにぴったりです!

 

今後オープン予定のNYC注目観光スポット4

 

ここからは、今後オープン予定の観光スポットをご紹介。おすすめしたいスポットはたくさんあるのですが、今回は特に注目したい4つのスポットをピックアップします。

 

1.ナショナル・ジオグラフィック・エンカウンター・オーシャン・オデッセイ

ナショナル・ジオグラフィック・エンカウンター・オーシャン・オデッセイは、まるで水中を潜っているかのような気分を味わえる、探検型エンターテイメント施設です。そこでは、バーチャルの世界で太平洋を横断できたり、サメやクジラといった海洋生物と触れ合ったりすることができます。最寄り駅は”42 St Port Authority Bus Terminal Station”42ストリート ポート・オーソリティー・バス・ターミナルステーション)で、2017106日オープン予定です。

 

2.ニューヨーク大観覧車

2018年初めに、スタテン島に観覧車「ニューヨーク大観覧車」が完成する予定です。ひとつのゴンドラは40人収容でき、約40分かけて1周するようになっているそう。また、約700万ドルのLEDライトを導入しているそうで、夜には色鮮やかな観覧車を演出してくれること間違いなしです。最寄りはスタテン島フェリーターミナルで、徒歩3分ほどで到着します。

 

3.ピア 55

ピア55は、マンハッタンのロウワー・イーストサイドにあるハドソン・リバー・パーク内に、2019年に完成する予定の公共公園です。ハドソン・リバー・パークには「ピア」と名が付くエリアがいくつかあり、このピア55は、ピア54とピア56の間にできるそうです。ランチやピクニックの場として使えるだけでなく、ライブやパブリックアートなどのパフォーマンスを披露できるような場所になっています。マンハッタンとニュージャージー州の景色を眺めながら、楽しい時間を過ごせることでしょう。

 

4.ハドソン・ヤードの展望台

ハドソン・ヤードは、ロックフェラー・センターに次いで、ニューヨークで最大の都市開発プロジェクトとして知られています。ハドソン・ヤードエリアには、オフィスや居住スペース、ショップ、レストランなどの施設を開発中です。そこに、あのエンパイア・ステイト・ビルディングより高い約365メートルもの高さの展望台ができるそうです。エンパイア・ステイト・ビルディングやロックフェラー・センターと並ぶ、マンハッタンを見渡せる人気観光スポットとなるかもしれませんね!

 

魅力満載のニューヨークに行こう!

 

いかがでしたか? 今回ここでご紹介した観光スポットは、ニューヨークの数ある最新スポットの中でも注目の場所です。定番の観光スポットを巡るのも楽しいですが、ニューヨークの「新しい顔」となるスポットにフォーカスを当てる旅程にするのもおすすめです。魅力満載で飽きることのないニューヨークに、ぜひ足を運んでみてください!

 

ニューヨーク市観光局公式サイト(英語)http://www.nycgo.com

写真&情報提供 (C)ニューヨーク市観光局

ステキ♡と思ったら
いいね!してね