カナダのIECワーキングホリデーとは?
ビザ取得法&カナダを知るセミナー開催

ビザ取得・カナダの魅力もイッキに
わかる、充実のワーホリセミナー

ワーキングホリデーの渡航先としても人気2位と、生活のしやすさから留学生にも人気のカナダ。バンクーバーやトロントは、過去5年にわたり留学先人気1位2位を独占しています。そんなカナダのワーホリについて、原宿のカフェ、ワーキングホリデーコネクションでセミナーが開催されると聞いて、Cheer up! English編集部も取材させていただきました。カナダのワーキングホリデービザの基本的な知識やカナダの魅力、具体的な申請書類の記入方法など説明がありました。

カナダのワーキングホリデーまず知っておくべき4つの項目

①    毎年の定員枠数は、カナダのIEC(International Experience Canada)と日本の外務省の間で協議され決まります。(参考:2017年度は6500人)

②    前年秋に翌年度分の受付がスタートされますが、枠は埋まり次第終了となるため、注意が必要です。例年、大体当該年度の9月~10月付近で申請粋がなくなるケースが多いそう。

③    申請料金は合計250カナダ・ドル(プログラム参加費150カナダ・ドル、IECオープンワークパミット所有費100カナダ・ドル)

④    申請方法は、以下2ステップで構成されています。

ステップ1

IEC ”POOL(申込み受付)に情報を登録。POOLに登録されている人に対して「招待状(Invitation Letter)」が届く。IEC就労許可証申請に進む場合は、招待状発双日から10日以内に招待状の受理を届出ます。期限内に受理届けを行わなかった場合その招待状は無効となり、ステータスがPOOL登録(申込み)状態に戻ります。 

ステップ2

招待状の受理と届出た後、発行日から20日以内にIEC就労許可証申請を完了させなければなりません。期限内に申請が完了できない場合、一旦申請は無効となり、ステータスがPOOL登録(申込み受付)状態に戻ります。 

 

カナダワーキングホリデービザ取得するときの注意点

ステップ1での招待状は不定期に発送されるので、ビザ申請の完了までに要する日数を明確にしにくいことがあります。(ステップ2の申請は約8週間かかります)

※例年通りなら、11月~12月に次年度の情報公開ですが、上記はすべて2017年度の申請情報。2018年度の申請情報は変更される可能性があるので、詳しくはIECサイト(http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/selections.asp?country=jp&cat=wh)で確認しましょう。

 

 

カナダ観光局からカナダの歴史や魅力を紹介

続いて、カナダ観光局から、カナダの歴史や魅力、他の国との違いなどについて紹介がありました。

 

カナダの歴史って知ってる?

2017年、建国150周年を迎えたカナダ。数千年にわたり先住民族とその祖先たちの故郷であった北米大陸に、16世紀にフランスや英国の探検家が往来し始め定住植民地を築きました。その後100年余りは英国の植民地でしたが、1867年に立憲君主制の連邦国家としてカナダが誕生しました。

2017年は各地で祝賀会などがいたるところで開催されているそうです。

 

カナダの魅力について

まず、最大の魅力は英語とフランス語が学べる環境があること。しかも英語の発音にクセが少ないため、語学習得には最適とのこと。アメリカのアナウンサーなどでもカナダ出身の人が多いそう。そして、大自然に恵まれて、治安がいいこと。

世界で初めて1971年に多文化主義が国の政策として導入され、世界中から移住している人たちが共存していることで、多文化でグローバルな環境に身を置けることです。文化や習慣の違いがごく当たり前で、そうした他人との違いを尊重している寛容なカナダ人から学ぶことも多いそうです。

 

カナダの歴史や文化について、詳しくはこちらをチェック!

 

 

 

カナダ大使館からワーキングホリデービザ申請方法を具体的に説明

続いて、実際の申請書類を見ながら、申請書の書き方や注意点など、カナダ大使館から説明がありました。

ポイントとしては、ワーホリビザの取得方法から学生ビザからの切り替えの注意、申請時期のポイント、滞在中の有事のときの連絡先、自己管理をどのようにすべきか、すべては結局自己責任になることなど、たくさんの有意義な情報を直接聞くことができました。 

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | クチコミ  ・  PR  ・  語学学校情報  ・  IELTS  ・  大学生  ・  セブ留学  ・  ミツミ電機  ・  セブ島留学  ・  TOEIC  ・  QQイングリッシュ  ・  DMM英会話  ・  語学学校  ・  CUE留学プログラム  ・  体験レポート  ・  大人&大学生  ・  奨学生