セブのStory Share週末留学、社会人が
リアルに4日間英語漬けを体験してみた

社会人のための英語力

ブラッシュアップ方法のひとつ

セブ島の語学学校Story Shareでは、忙しい方でも手軽に留学できる「週末留学プラン」が始まりました。なんと、授業を1泊2日から受講できるんです。
今回は実際に週末留学をして、その魅力をみなさんにお届けする体験レポーター、洋子さんが実際に体験しました。(関連記事:Story Shareの週末留学体験レポーター決定! 社会人セブ留学の理由と日程発表)今回はその様子をお伝えします。

Story Share週末留学に参加した洋子さん

日本で会社員として働きながら、英語力向上を目指す洋子さんの学習目的はこちらをチェック。

Story Share週末留学の体験レポーター決定! 社会人セブ留学の理由と日程発表

 

 

 

洋子さんのStory Share週末留学のスケジュール

今回Story Shareの週末留学をレポートしてくれる洋子さんの留学スケジュールはこちら。2日間有給休暇を取得しての参加です。

木曜日 16:00~18:00 2時間レッスン▶学校到着

金曜日 8:00~18:00 8時間レッスン

土曜日 8:00~15:00 6時間レッスン観光、フリータイム

日曜日 8:00~10:00 2時間レッスン▶帰国

Story Share週末留学の価格を見る >>

1019日(木)

セブマクタン空港には先生がお出迎え。生活で使う英会話のスタート

初めてのセブ島ですが、飛行機を出ると肌寒かった日本に比べて気温が高いので、南国に来たんだと実感しました。

入国審査を終え、預け入れ荷物を引き取るところを出ると両替所があり、日本円1万円をペソに換金しました。コンパクトな空港で、とてもスムーズに待ち合わせ場所まで行けます。

この日はフライトが少し遅れてしまいましたが、便名を伝えてあるので遅れも把握しているそうで、待ち合わせ場所で先生が待っていてくれたので安心しました。先生はすごくフレンドリーで話しやすい方だったので、すぐに打ち解けられました。

英語で挨拶や自己紹介をしてからタクシーに乗って、空港から学校へ移動しました。ちょうど夕方の渋滞と重なって混んでいたのですが、45分くらいで学校に到着しました。

空港には先生がお迎えに来てくれて、英語漬け生活の始まりです 

空港からタクシーに乗って学校へ向かいます 

タクシーの中ではさっそく先生と英語で会話します 

 

部屋に通してもらって、学校の設備を見学

学校の第一印象はお家みたいだなと思いました。到着してすぐ、他の生徒さんがレッスンをしているのを見かけました。短期間の滞在になるので、ここでレッスンの雰囲気を見ることができてよかったです。
部屋に案内してもらってから、食事や学校内の施設について先生が説明してくれました。部屋も共有スペースもちゃんとお掃除されていて、思っていたよりとっても清潔で綺麗でした。学校にはウォーターサーバーなどが常設してあるのでとても便利だと思いました。室内は靴を脱いで過ごすので、スリッパなどを持ってくると良いと思います。

学校の前で先生とパチリ 

シングルベッドの1人部屋に滞在します

 

さっそく2時間グループレッスンを開始

学校内の設備など、ひと通りの説明を受けた後、すぐにレッスンが始まりました。この日は夕飯前にニュースのリスニング、夕食後に歌のリスニングの計2時間のリスニングのレッスンがありました。

先生ひとりに生徒ふたりで受けました。先生の話す英語はとても聞きやすく、わからないところがあると丁寧に説明してくれました。単語と単語をつなげると発音がどのように変わるかなど、わかりやすく教えてくれました。

ポイントはホワイトボードに書いて丁寧に教えてくれます

授業が終わるとポイントがびっしり


平日の夕食は学校で用意されています

18時にごはんが用意されて、夜のレッスンがない生徒さんや先生と一緒に食べました。
食事のときにはお互いに自己紹介して、英語を学ぶ目的などの会話をしました。生徒さんの中には、1ヵ月くらい長期で滞在して日本の生活と変わらずジムに通っていたり、食事の後はお出かけする生徒さんもいました。英語を学びながらセブ島の生活を楽しんでいる、セブの留学生の生活を少しだけ知ることができました。

さっきまでレッスンしていたリビングで、みんなで食事をします 

 

Story Share週末留学の価格を確認 >>

 

1020日(金)

発音、スピーキングなど1日8時間のレッスンに挑戦

朝8時からレッスンが開始です。お昼まで4時間のレッスンでした。1回50分、間に10分の休憩なので、早く感じました。受講する項目により先生が変わります。
午前のクラスはみんなが受講していることもあり、先生も生徒さんもこんなにいたんだなと思いました。
途中昼食をはさんで、文法、発音、スピーキング、リーディング、ライティングなども学び、この日は合計8時間の授業を受けました。

どの先生も、理解できていないところを都度修正してくれて、説明も丁寧に分かりやすくしてくれて、繰り返し練習するので、身になっている感じがしました。

授業している間は感じませんでしたが、すべての授業が終わると結構疲れました。


マンツーマンレッスンではわからないところをすぐに質問できます 
 

 

EOPだから食事も英語で会話しながらいただきます

教室にいたみなさんと一緒に夕食をいただきました。食事は学校に作りに来てくれる方がいるのですが、その料理がとてもおいしかったです。足りなかったら後からお代わりすることもできます。

食事中も話すのは英語オンリーです。日本から来ていた生徒さんや中国からの旅行者もいましたが、みなさんと日本語で話すことは一度もありませんでした。たまに単語が出てこなくて言葉に詰まるときも先生が教えてくれて会話も弾みます。

食事や休み時間も英語だけを話します

Story Shareの食事はいつもおいしいのです

 

Story Share週末留学の価格を見る >>

 

10月21日(土)

自分の苦手なところを中心に先生に教えてもらいます 

今日はweekendのクラスのみなので、とても静かな朝でした。ひとり生徒さんが島へ週末旅行に行くとのことで、朝出かけて行きました。セブ島の周囲には数多くの島があり、海もとてもきれいらしいので、次はぜひ行ってみたいと思います。

今日は先生とふたりで6時間のレッスンです。文法、リーディング、発音などを勉強しました。自分の勉強したいことも聞いてくれたので、苦手なものを中心に勉強しました。

静かな週末の朝を迎えました 

週末の学校は静か。先生と集中してレッスンします
 

セブに行った人は必ず訪れる、Jollibee でセブの人が大好きなコンボに挑戦

昼食は先生と一緒に、学校から歩いて5分くらいのところにある、セブで有名なファーストフード店”Jollibee”に行きました。先生と同じフライドチキン+ライス+ポテト+ドリンクを注文して食べました。100ペソ(約200円)くらいだったと思います。
Jollibeeはスパゲッティが有名だそうで、食べてる人がたくさんいました。次回はチャレンジしようと思います。

土曜日は学校からの食事が出ないので、金曜日のうちに買ってくるか土曜の朝に買いに行くと良いと思います。学校から歩いて5分くらいのところにコンビニやカフェがあり、ランドリーもあって洗濯に行く生徒さんもいました。

先生と一緒に学校の近くのJollibeeに。ここでももちろん英語で会話

セブの人が大好きな、ライスとフライドチキンのセット 

 

セブのジプニーに挑戦! 先生と一緒に人気のアヤラモールに夕食に

午後の授業の後、夕方からジプニーに20分くらい乗ってアヤラモールという、セブシティの大きなショッピングモールに行きました。ジプニーに乗るのは緊張しましたが、目的地の路線に乗り、乗務員さんに行き先を告げれば、そこで降ろしてくれます。
街中にはたくさんのジプニーが走っていてどれもいつも満席です。7ペソ(約14円)でとても安いです。

他の生徒さんも、ジムや買い物によく来るそうです。大きなショッピングモールで、多くの観光客と地元の人が集まっていました。

先生オススメの韓国料理をいただき、スーパーでお土産のドライマンゴーを買い、カフェに行きました。都会とは思えない静かで開放的な空間でとても癒されました。

帰りはタクシーで78ペソ(約150円)でした。

日本でも人気のブランドアパレル店やジム、スーパーもあるアヤラモール

先生のおすすめの韓国料理屋さんで

韓国料理おいしかった

レストランやカフェはこの中庭を眺められます

 

Story Share週末留学の価格を見る >>

 

10月22日(日)

朝から苦手な発音を何度も練習、最後まで時間を惜しんで勉強します

朝8時から10時までレッスンを受講しました。

最終日まで、発音が苦手なので何度も練習しました。日本語では使うことのない、英語の発音のための口の筋肉を鍛える必要があると思いました。その他リーディングと文法を勉強しました。

ちょうどこの日は日本に台風が近づいていたこともあって、飛行機の欠航があるかもしれないと心配して、少し早めに学校を出て空港へ行くことにしました。

日曜日で学校に生徒さんたちが何人かいました。それぞれの時間を過ごし、大好きなStory Shareの最後の昼食を一緒に食べてお別れしました。

最後まで先生は丁寧に教えてくれます 

わからないところは教科書にメモして、日本でも振り返ります 

 

空港まで先生がお見送り、車内で最後までずっと英語漬け 

日曜日のお昼過ぎということもあって、学校からタクシーで空港まで約30分弱と、来たときより道は空いていました。車の中でも先生といろんな会話をしました。

4日間ずっと担当してくれていた先生と、空港でお別れしました。先生とはたまたま同い年ということもあり、お互いの国の流行や文化について話したり、とても楽しい時間を過ごすことができて、単純に「英語を学ぶ」ということ以上の経験をさせてもらえました。

明日の仕事に備えて何とか別の飛行機を探して帰国しなくては、と考えていたので、空港で日本行きの飛行機がいくつか欠航している中、自分の飛行機が大幅に遅れているものの、とりあえず飛ぶということがわかってひと安心。チェックインをした後、ようやくスタバでゆっくりして、遅延している時間をここでつぶしました。

日本では台風で大嵐ということもあって大幅な遅延がありましたが、夜無事日本に帰国しました。

セブ島の思い出に浸りながらも、次の日の月曜日はいつも通り出勤しました。

空港まで先生が一緒にお見送りしてくれて、最後まで生きた英語を話せます

 

Story ShareならEOPルールがあるから4日間ずっと英語しか話さないし、英語しか聞かないので、自然に脳が英語化している感じがありました。

今回は4日間ととても短い滞在でしたが、とても濃密な経験ができました。LCCも飛んでいて値段も安いし、距離も近いので、週末旅行を兼ねた週末レッスンの感覚で英語を磨きに行けるなと思いました。 

英語のコーチングなど、いろんな英語のスクールや学習方法を試していますが、英語漬けになるにはとても良い環境だったので、またStory Shareの週末留学なら行きたいと思いました。

 

Story Share週末留学の価格を見る >>

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | PR  ・  語学学校  ・  QQイングリッシュ  ・  クチコミ  ・  ミツミ電機  ・  TOEIC  ・  奨学生  ・  語学学校情報  ・  体験レポート  ・  大学生  ・  セブ島留学  ・  大人&大学生  ・  IELTS  ・  CUE留学プログラム  ・  セブ留学  ・  DMM英会話