毎日Eトレ!【536】品質管理においては万全を尽くしています

デイビッド・セイン先生が教える
ビジネスのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「品質管理においては万全を尽くしています」「万全の品質管理を行っています」「品質管理プロセスを改善する必要があります」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

We’re very thorough in our quality control.

品質管理においては万全を尽くしています

 

「品質管理」「危機管理」「システム管理」日本語で同じ「管理」を使っても、それぞれ表現が違うんです

thoroughは「徹底的な」「完全な」という意味の形容詞です。through「~を通して」と似ていますが、全く違う単語ですよ。副詞ならthoroughlyとなり、read a book thoroughly「しっかり読む」「熟読する」のように使えます。

「品質管理」はquality controlと言いますが、quality controlは頭字語(acronym)のQCで表されることもあります。ただし、「管理」はいつもcontrolと訳されるわけではありません。たとえば、「危機管理」ならrisk management、「システム管理」ならsystem administration/managementなどと言います。また、controlは「制御」の意味で使われることもあります。「時間制御システム」ならtime control systemとなります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

We carry out thorough quality control.
万全の品質管理を行っています

▶carry outは「実行する」。

 

We need to improve our quality control process.
品質管理プロセスを改善する必要があります

▶improveは「改善する」。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 体験レポート  ・  セブ島留学  ・  IELTS  ・  セブ留学  ・  語学学校  ・  DMM英会話  ・  PR  ・  クチコミ  ・  大人&大学生  ・  ミツミ電機  ・  QQイングリッシュ  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  奨学生  ・  大学生  ・  語学学校情報