毎日Eトレ!【561】私ですが。どういったご用件でしょうか

デイビッド・セイン先生が教える
電話のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「私ですが。どういったご用件でしょうか」「私ですが」「本日はどういったご用件でしょうか」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

This is she. How may I help you?

私ですが。どういったご用件でしょうか

 

This is me.と答えたくなりますが……。接客でも使える用件を聞くときの表現をおさえよう

電話でMay I speak to ~?「~さんをお願いします」と、自分の名前を言われたときの答え方です。This is me.などと言ってしまいそうになりますが、ここは決まり文句のThis is she.、またはThis is he.を使いましょう。This is she/he speaking.でもOKです。

How may I help you?は電話で用件を尋ねるときの定番表現。店頭なら「何かお探しですか?」などの意味でもよく使われます。また、英語には対面での接客の際に言う「いらっしゃいませ」にぴったりと当てはまるフレーズはありません。How are you today?のような一般的な挨拶が声がけで使われます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Speaking.
私ですが

▶Naoko Kato Speaking.「カトウナオコでございます」のように言うこともできます。

 

How can I help you today?
本日はどういったご用件でしょうか

▶What can I do for you today?という言い方もあります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 


おすすめ記事