毎日Eトレ!【574】車酔いしちゃった

デイビッド・セイン先生が教える
乗り物のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「車酔いしちゃった」「(乗り物に)酔っちゃった」「気分が悪くなりました」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I got car sick.

車酔いしちゃった

 

「車酔い」「船酔い」「飛行機酔い」「酔い止め薬」英語の表現を知っておこう

年末年始は遠出をした方も多いのではないでしょうか。移動中のトラブルのひとつに、「乗り物酔い」がありますよね。

「車酔い」はcar sick、「船酔い」はsea sick、「飛行機酔い」はair sickと言います。「私、車酔いしやすいんです」なら、I get car sick easily.などと言えます。

私の友人には乗り物に酔いやすく、飛行機に乗る前に必ず酔い止め薬を飲む人がいます。それを英語で伝えると、He takes medicine for airsickness every time he gets on a plane.「彼は飛行機になる度に酔い止め薬を飲みます」となります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I got motion sick.
(乗り物に)酔っちゃった

▶「乗り物全般」について言いたければ、motion sickを使います。

 

I got nauseated.
気分が悪くなりました

▶get nauseatedは「吐き気を催す」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

おすすめ記事