引き算、繰り上がり、四捨五入、余り…
言えそうで言えない英語の「算数」表現

「かける」「割る」「四捨五入」

英語ですらすら言えますか?

「足す」「引く」「かける」「割る」「小数点」…日本語では当たり前のように出てくる簡単な算数用語なのに、英語ではどう表現するのかちょっと考えてしまいますよね。日常会話の中でも使う算数用語の英語での言い方をご紹介します。

四則計算を英語で言ってみよう

そもそも「算数」って英語で何というのでしょう? 辞書を調べると、arithmeticという単語が出てきます。ただarithmeticは数学の一部であって、ルートなど、初等教育に限定されない高度な数術を含むようです。
小学校レベルに限定するのであれば、elementary math「算数」としてベストな表現かもしれませんね。

 

足し算 addition

112→  1 plus 1 is (equals) 2 または 1 and 1 make[1]  (is) 2

 

引き算 subtraction

312→ 3 minus 1 is (equals) 2

-「引く」は、足し算でplusを使ったから、minus? その通りです。

または1 from 3 leaves 2というちょっぴり面倒くさい表現もあります。

 

掛け算 multiplication

3×26 →  times 2 is (equals) 6 または 3 multiplied by 2 equals 6

×「かける」にはtimesまたはmultiplied byを使います。

会話では、timesで表現することの方が多いようです。

 

割り算 division

10÷ 25 →  10 divided by 2 is (equals) 5

÷「割る」には divided byを使います。

 

 

繰り上がり/ 繰り下がり

懐かしい用語ですね。大人になると会話の中ではあまり使わないかもしれませんが足し算や引き算で桁が変わるときに使いますよね。英語で言えと言われてもすぐには出てこない表現のひとつだと思います。

「繰り上がり」→ carry-up またはcarry

「繰り下がり」→ carry-down または  borrow

 

いかがでしょう。基本的な四則計算は英語でも説明できそうですね。

 

 

小数に関する表現を英語で言ってみよう

次に、四則計算以外でパッと思いつきにくい算数に関わる言葉をいくつかご紹介します。

 

小数点以下

例えば、19.23%という数字があったとします。英語でどう読みますか? 
筆者は自動車業界で日々英語のプレゼンテーション資料を作っていましたが、trade-in percentage(下取り率)について書いていた時、頭の中ではtrade-in percentage is「…ゴジューゴーテンサンヨン!」と、謎の英語日本語ミックスで進行していました。すみません…。でも本当は全然難しくないんですよ、小数点以下の数字の読み方。

19.23%なら単純にnineteen point two threeで大丈夫です。日本語と同じですね。3.04みたいに途中に0が入ってきたら? その時も同じです。three point zero fourと読みましょう。
ちなみに「小数点」はdecimal、「小数点以下」はafter the decimal pointと表現します。

 

四捨五入

英語で「四捨五入」なんてあるの? 日本語の四字熟語みたいなものじゃないの? という感じではありますがもちろん英語にもあります、「四捨五入」。

「四捨五入」round off / rounding

4以下を切り捨てる場合には、round downと言い、5以上を切り上げることはround upと表現します。例えば、

3.1415を小数点第2位まで四捨五入する」round off 3.1415 to the second decimal point

 

 

分数の表現を英語で言ってみよう

分数の表現

1/21/4はみなさんご存知でしょう。
1/2→ half、1/4→ quarter です。

では、1/3は? 2/3は? 5/26は??

1/3 → one third

2/3  two thirds

5/26 → five twenty-sixths

 

つまり、日本語とは逆で分子から読みます。分母は〜thで表現する、2half, 3third, 4quarter, 5fifth)どんな大きい数字でもパターンは同じです。
分子が2以上のときは2/3 two thirdsのように分母の序数にsをつけます。

または、overを使った表現もありますので、どちらかを覚えておくと便利かもしれませんね。

4/5 → four over five

 

ちなみに、「分数」はfractionと言います。「分子」はnumerator分母」はdenominatorです。

 

 

その他の算数用語を英語で言ってみよう

さて、この他に算数用語を紹介します。記号もあるので参考にしてくださいね。

「余り」 remainder

「偶数」 even number

「奇数」 odd number

「正の数」 positive number

「負の数」 negative number

「整数」 integer

「<」 less than

「>」  greater than

 

 

いかがでしたか? ほかにも算数や数学で使う言葉はたくさんあると思いますが、今回は会話で使える基本用語だけを取り上げました。数学嫌いの人もこのくらいの基本表現は会話に出てきますよね。そんなときのために、ぜひお役立てください。

 

ライタープロフィール●Cherie (シェリー)

自動車をこよなく愛するCar Enthusiast(車バカ)。独学で英語・伊語のトリリンガルとなり、趣味はインスタグラムで海外の車バカのみなさんと語り合うこと。目標はルマン24時間耐久レースで取材活動をすることです。大学で歌舞伎を卒論テーマにしたり日本文化にも興味あり。
広い人脈を生かして、ネイティブスピーカーの生の声を届けます。

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 大学生  ・  ミツミ電機  ・  クチコミ  ・  PR  ・  DMM英会話  ・  CUE留学プログラム  ・  語学学校  ・  セブ島留学  ・  セブ留学  ・  語学学校情報  ・  IELTS  ・  TOEIC  ・  QQイングリッシュ  ・  体験レポート  ・  大人&大学生  ・  奨学生