毎日Eトレ!【704】願い事を書いて笹につるした?

デイビッド・セイン先生が教える
初夏のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「願い事を書いて笹につるした?」「願い事を書いた短冊を笹につるした?」「願い事を書いて短冊を笹につるした?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Did you write down your wish and tie it to the bamboo?

願い事を書いて笹につるした?

 

「短冊」「願い事」この時期覚えておきたい七夕の表現

七夕の季節ですね。「願い事を書き記す」はwrite down one’s wish、「笹に(それを)結ぶ」はtie it to the bambooでOKです。「短冊」を説明するときは a strip of paper や a slip of paper などと言えばだいたいの様子を説明できますね。

wishには「願い事」の他に「願い事をする」という意味があります。名曲「星に願いを」の原題は「When You Wish Upon A Star」ですね。「願いごとをする」はmake a wishとも言えます。

「七夕はおり姫とひこ星が1年に1度再会する日です」は、Tanabata is the day when Orihime and Hikoboshi meet once a year.のように言うことができます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Were you able to make a tanzaku with a wish on it and tie it up?
願い事を書いた短冊を笹につるした?

▶be able to ...は「…できる」という意味の表現です。

 

Did you make a tanzaku with a wish on it and tie it to the bamboo?
願い事を書いて短冊を笹につるした?

▶tanzaku with a wishで「願い事が書かれた短冊」となります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事