「英語が速く読めない」人の90日間

ENGLISH COMPANYの指導方法とは

多くの受講生がつまずく原因と

その改善方法はどんなもの?

「時短学習」のテーマを掲げ、効率よく英語が習得できることで大注目の英語のパーソナルジム、StudyHacker ENGLISH COMPANY。短期間での英語力アップを可能にした「第二言語習得研究」という学問の知見を用いた学習方法について、ENGLISH COMPANYマネージャーの藤ヶ崎さんにお話しを伺いました。多くの受講生がつまずく原因とその改善方法はどんなものなのでしょうか。

【実際のクチコミあり】 ENGLISH COMPANYの人気の理由を探ってみた

 

「時短学習」ENGLISH COMPANYで英語がのびる理由 代表岡健作氏を直撃

 

ENGLISH COMPANYのトレーナーはなぜ90日・60日で成果を出せるのか?

 

ENGLISH COMPANYで無料体験 90日間 TOEIC®600点台の学習計画とは?

 

「正確に聞き取れない」にENGLISH COMPANYのトレーナー指導方法は?

 

「読むのに時間がかかる」というお悩みが多い訳

 

――板井さんのインタビューでは「正確に聞きとれない」というお悩みが多いとのことでしたが、他に受講者から寄せられる相談にはどんなものがありますか?

多くの方が、「読むのに時間がかかってしまう」とおっしゃいます。また、「英文メールや英文資料を読むことが業務の大半を占めるが、速く読めないので残業になってしまう」というお悩みもよく耳にします。読む力、読むスピードについてのお悩みですね。

受験勉強などを通して、英語の基礎的な知識が固まっている方も多いので、「まったく英語が読めない」という方はあまりいらっしゃいません。それよりも、「速く読めない」ということがやはりお悩みとしては多いのです。

もちろん、「正確に細部まで読めない」、「読んだ瞬間は理解できても読み終わった後、記憶に残らない」という方もいらっしゃいますので、個々の状況に応じて、原因となっている課題を見抜き、正しい方法でリーディングスキルを鍛えていきます。

 

「英文を早く読む」課題をクリアするためのトレーニング方法

 

――たしかに、英文を速く読むというのはハードルが高い印象がありますね。どのようにその課題をクリアしていくのでしょうか?

英文を正確に読むためには、語彙力や文法などの、基礎知識を安定させることは不可欠です。そのうえで、リーディングスピードを上げていきます。

私たちが英語を読むときには、脳内で単語ひとつひとつを「音声化」しています。黙読している時でも、心の中で音を発している感覚を思い浮かべていただくと分かりやすいと思います。この「音声化」のスピードを上げていくことが必要で、そのために効果的なトレーニング方法が音読です。というのも、音読は先述の「音声化」を表面に出した活動なので、音読がより流暢にリズムよく読めるようになればなるほど、黙読のスピードも速くなるということです。音読のスピードを意識するために、ネイティブの音源と同じタイムで読み切れるようにタイムを計り、WPM(Words Per Minute)を意識させることもあります。

※WPM:1分間あたりに読むことのできる単語量

 


無料体験トレーニングはこちら

 

音読スピードが遅くなる原因

 

――「心の中で音読する」という感覚、確かにありますね。では、どうしたら流暢に音読することができるのでしょうか?音読スピードが遅くなってしまう原因としてはどんなことが想定されるのでしょうか?

英文を音読する際に、どの単語も同じ強さで読んでしまい、英語のリズムがまったくとれないという症状が多く見られます。英文では、強調すべき語句は強く長く発音され、逆にあまり意味をもたない部分は弱く短く発音されるというルールがあります。

「内容語」は強調されやすく、「機能語」は弱く読まれやすいという傾向もあります。

これらを踏まえた上で、ネイティブと同じリズムと抑揚で音読できるようにしていきます。

 

「内容語」「機能語」とは?

 

――「内容語」と「機能語」という言葉はあまり耳なじみがありませんが、具体的にはどういうものなのでしょうか?

内容語」とは名詞、動詞、形容詞、副詞のように主要な意味をもつ語句のことで、

機能語」とは、前置詞、助動詞、代名詞、接続詞のようにそれ自体に重要な意味をもたないもの、文法として成り立たせるために使われている語句のことです。

例えば、3歳児のネイティブスピーカーが使う単語は「内容語」がほとんどです。

”Go”とか”school”とかですね。その後に「機能語」を覚えていき、長い文章も理解したり、自ら発したりできるようになります。

この「機能語」へのアプローチは、リスニングで文の細部まで正確に理解するために非常に重要なので、ディクテーションというトレーニングを通して鍛えていくことも多いのですが、音読の流暢性にも深くかかわっています。

弱く短く読むべきところをネイティブと同じように弱く読むことによって、英語特有のリズムが埋まれ、読むスピードが上がりますし、さらに意味のかたまりである、「チャンク」もはっきりしてきます。「チャンク」が把握できると、内容の理解もよりスムーズになっていきます。

 

 

速読の鍵はチャンクリーディングにあり?

 

――リスニング同様、速読においても「チャンク」が鍵になっているということなんですね?

はい、チャンクごとにスラスラと音読できるようになると、初見の英文を黙読する際にも同じように英文を前からかたまりごとに読めるようになり、速読力が身につきます。このチャンクリーディングを様々な方法で繰り返すことで、「音声化」の自動化を促し、脳のリソースを意味理解のプロセスに振り向けることができるようになります。

さらに重要なポイントとして、ただ速く声に出して読むだけでは音読の十分な効果は得られないということ。音読の効果を高めるために受講生の皆さまに必ず意識していただいていることがあります。それは、音読する際、英文の意味内容、情景を思い浮かべながら読むということです。内容をイメージするというのは、言い換えればその話のスピーカーもしくは主人公になりきって、感情移入して読むということです。これは「流暢に話せるようになりたい!」というスピーキング力アップを希望している方にも大変効果的です。

ENGLISH COMPANYで使用している教材は、ビジネスシーンを想定しているものが多いので、なりきりながら暗唱することで、アウトプットする際に使えるテンプレートがどんどん増えていきます。

 


無料体験トレーニングはこちら

 

ENGLISH COMPANYのLINEを用いての学習サポート

 

――音読などの自宅学習を毎日やろうと思ってもなかなか続かないという問題もありますよね?ENGLISH COMPANYにはLINEを使ったサポートがあると聞きましたがどういうものでしょうか?

たしかに、カウンセリングをしていると、みなさんから本当にいろいろな英語学習のご経験をお聞きすることがあります。しかし「モチベーションが続かず、長続きしない」というお悩みを抱えていらっしゃる方が多くいます。ENGLISH COMPANYでは「モチベーションに左右されない学習の習慣づくり」をご提供しています。これは「行動科学」と呼ばれる学問に基づいたもので、日常の生活習慣の中に英語学習を落とし込む仕組みです。

トレーナーは毎日受講生にLINE等のツールを用いて、遠隔でもサポートしているのですが、「トレーナーからメッセージが届いたらすぐに、その学習ポイントを念頭に置いて課題に取り掛かる」などのルールを決めておくことで、行動へと促し、学習のスイッチを入れます

また、トレーナーからのメッセージは、単なる声がけではなく、その方がゴールに向かうルート上のどこにいま立っているのか、現状最優先すべき課題点は何なのか、それをクリアするためにどうしたらいいのか、というポイントを押さえているので、惰性で漫然と学習するのではなく、克服すべきポイントに集中して英語力を鍛えることができます。テキストメッセージだけでなく、ボイスメッセージ機能を活用することもあります。たとえば、発音面に課題がある方には、音読やシャドーイングをボイスメッセージで送ってもらい、トレーナーからも肉声を吹き込んでフィードバックすることで、音声面の課題も解決しやすいとご好評いただいております。

 

 

対面だけじゃない、遠隔サポートで正確な自主トレを実現

 

――なるほど、対面だけでなく遠隔でもそこまでサポートしてもらえるのは良いものですね。しかし、「LINEメッセージがきても仕事を優先してしまう」というようなことはないのでしょうか?

習慣形成のために、ハードルをぐっと下げることもあります。例えば文面で学習記録を送るのが面倒というタイプの方には、単語学習や音読など何かタスクを行ったら、それぞれ決まったスタンプを返信するだけでいい」というように、まずは敷居を下げて習慣化し、クリアしたら次の行動に移るという手順を踏んでいただくケースもあります。

対面トレーニング以外の時間にも、どれだけ効率よく、正確な方法で自主トレを行えるか、ENGLISH COMPANYが追及しているのは「時短学習」です。

ご自身の目指す英語学習のゴールにたどりつくために、今の自分にはどのような課題があるのかを「第二言語習得研究」に基づいて明らかにし、ひとつずつ正しい順番でクリアしていくことが英語習得までの最短ルートです。

ゴールへの近道はなくても、回り道をせず一本道で進むお手伝いをいたしますので、ENGLISH COMPANYで実際に「時短学習」の効果を感じていただきたいと思っています。

 

ENGLISH COMPANYの第二言語習得研究に基づく英語学習を知ることができる書籍

取材/執筆 坂口やよい(D&Y)

 


無料体験トレーニングはこちら

 

★あわせて読みたい★

 

【クチコミあり】 ENGLISH COMPANYの人気の理由を探ってみた

 

「時短学習」ENGLISH COMPANYで英語がのびる理由 代表岡健作氏を直撃

 

ENGLISH COMPANYのトレーナーは なぜ90日・60日で成果を出せるのか?

 

ENGLISH COMPANYで無料体験 90日 間 TOEIC®600点台の学習計画とは?

 

「正確に聞き取れない」にENGLISH COMPANYのトレーナー指導方法は?

 


おすすめ記事