毎日Eトレ!【756】残念ですが、今回は採用を見合わせていただきます

デイビッド・セイン先生が教える
悪いニュースのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「残念ですが、今回は採用を見合わせていただきます」「誠に残念ではございますが、 今回は採用を見合わせていただくことになりました。 」「誠に残念ではございますが、 今回は採用を見合わせていただくことになりました。 」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

We regret to inform you that at this time, we are unable to extend an employment offer.

誠に残念ではございますが、 今回は採用を見合わせていただくことになりました。

 

悪いニュースを伝えるときの定番表現はコレ! 丁寧な言い回しがポイント

先週まで2回にわたって「いいニュース」を取り上げましたが、今回は「悪いニュース」。例えば「不採用のお知らせ」の文面、あなたらうまく書けますか?

We regret to inform you that ...は、悪いニュースを伝えるときの丁寧な言い出し表現の一つです。be unable to ...は「…できない」、extendには「~を与える」という意味もあるので、extend an employment offerで「採用する」となります。

また、「慎重に検討いたしました結果、…という結論にいたりました」なら、After careful consideration, we have decided not to ...などと言えます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

It is with regret that we inform you that we will be withholding any offers of employment.
誠に残念ではございますが、 今回は採用を見合わせていただくことになりました。

▶It is with regret ...は「…は残念である」、withholdは「~を保留する」の意味です。

 

Unfortunately, at this time we regret to inform you that we will not be extending an offer of employment.
誠に残念ではございますが、 今回は採用を見合わせていただくことになりました。

▶unfortunatelyは「不幸にも、あいにく」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事