毎日Eトレ!【757】これは反比例のグラフです

デイビッド・セイン先生が教える
数学のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「これは反比例のグラフです」「これは反比例のグラフです」「これは反比例のグラフです」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

This graph shows an inverse relation.

これは反比例のグラフです

 

知っていれば一目置かれる数学の英語:比例と反比例

比例と反比例―数学用語ですが、日常会話にも度々登場する表現ですよね。

「比例」はproportional relation、そして「反比例」はinverse relationと言います。This graph shows ...は「これは…を表すグラフです」という意味を表すので、This graph shows an inverse relation.で「これは反比例のグラフです」となります。

このshowの用法はさまざまな場面で応用できます。例えば、ある絵画について「何を描いたものなのか」を説明するときに、It shows everyday lives of ordinary people in the Muromachi period.「(この絵には)室町時代の庶民の日常が描かれています」のように言えます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

This graph depicts an inverse relation.
これは反比例のグラフです

▶depictは「~を描く」の意味ですが、showよりやや堅い表現です。

 

This graph displays an inverse relation.
これは反比例のグラフです

▶displayも「~を表す」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事