毎日Eトレ!【759】釣り針をできるだけ遠くに飛ばすのがコツだよ

デイビッド・セイン先生が教える
釣りのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「釣り針をできるだけ遠くに飛ばすのがコツだよ」「釣り針をできるだけ遠くに飛ばすにはコツが必要だよ」「釣り針をできるだけ遠くに飛ばすのはなかなか難しいですよ」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

The trick is to cast the line as far as you can.

釣り針をできるだけ遠くに飛ばすのがコツだよ

 

「コツ」を表す英語は誰もが知ってるあの単語!

The trick is to ...は、「…するのがコツである」というときに便利な言い回しです。例えば「餃子をおいしく作るコツ」を尋ねられたあなたが「コツは、鉄鍋を使うことですよ」と答えたければ、The trick is to use a cast-iron pan.となります。

「釣り針を投げる(飛ばす)」は、cast a lineと言うのが一般的です。動詞castには「~を投げる」の他に、「~を捨てる」「(人が視線・非難など)を向ける」「(光・影など)を投げかける」「~に役を割り当てる」などがあります。「釣り糸」は(fishing) line。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

It takes a little skill to cast the line as far as you can.
釣り針をできるだけ遠くに飛ばすにはコツが必要だよ

▶It takes (a little) skill to ...は「…ためにはコツがいる」というときの表現です。

 

It's tricky to cast the line out a long way.
釣り針をできるだけ遠くに飛ばすのはなかなか難しいですよ

▶trickyは「一筋縄ではいかない」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事