毎日Eトレ!【764】今日はボウズなんてついてないなあ

デイビッド・セイン先生が教える
釣りのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「今日はボウズなんてついてないなあ」「今日の釣りは全然ついてなかったなあ」「今日は一匹もつれなかった」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Today was a bust.

今日はボウズなんてついてないなあ

 

釣りの「ボウズ」を表すのは「胸部」の意味もあるあの単語

釣りにおいて、まったく成果が出ずに終わることを専門用語で「ボウズ」と言うそうですね。英語なら、bustでしょうか。bustは口語で「破産/不景気」「失敗」などを表す単語ですが、会話の相手が「釣りの話」をしていると理解している状況であれば、Today was a bust.で「今日は一匹も釣れなった」という意味で通じます。

また、スラングですが、bustedには「一文無しの」「逮捕された」の意味があり、I’m busted.ならたいてい「一文無しである」という意味になります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I didn't have any luck fishing today.
今日の釣りは全然ついてなかったなあ

▶not have any luckで「まったくついてない」という意味です。

 

I didn't manage to catch a thing today.
今日は一匹もつれなかった

▶manageは「~を成し遂げる」という意味の動詞です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事