毎日Eトレ!【791】失礼ですが、お約束はされていますか?

デイビッド・セイン先生が教える
突然の来客対応のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「失礼ですが、お約束はされていますか?」「失礼ですが、お約束はされていますか?」「申し訳ありませんが、ご予約があるかどうか確認したいのですが。」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Excuse me for asking, but do you have an appointment?

失礼ですが、お約束はされていますか?

 

「つかぬ事をお伺いしますが」は英語で何と言う?

会社には様々な用件でお客様がやって来ます。事前にアポイントメントをとっている方もいれば、営業マンが飛び込みで訪問してくるケースも多いですよね。今回はそんな突然の来客応対の時に役立つフレーズです。

Excuse me for asking, but ...は「失礼ですが、つかぬ事をお伺いしますが」という意味の決まり文句で、聞きづらいことをたずねる際の前置きとして使われます。Excuse me, but ...「すみませんが」だけでも問題はありませんが、for askingを加えることでより丁寧さが増し、ビジネスシーンにふさわしい表現となります。

Do you have an appointment? は「お約束はありますか?、お約束はされていますか?」という意味です。

来客応対は会社のイメージを左右する重要なポイントなので、いざというときにあわてず、気持ち良い応対ができるようにフレーズをまるごと覚えておくといいですね!

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Pardon me, but have you made an appointment?
失礼ですが、お約束はされていますか?

▶Pardon me, but ...も「失礼ですが、恐れ入りますが、すみませんが」という意味です。

 

Sorry to ask, but I’d like to check if you have an appointment.
申し訳ありませんが、ご予約があるかどうか確認したいのですが。

▶Sorry to ask, but ... も「申し訳ありませんが、すみませんが」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事