毎日Eトレ!【797】繁忙期だから飛行機とホテルを早く予約したほうがいい

デイビッド・セイン先生が教える
旅行準備のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「繁忙期だから飛行機とホテルを早く予約したほうがいい」「ハイシーズンになるから、航空券とホテルの予約をすぐ済ませたほうがいいよ」「ハイシーズンだから、私があなたなら絶対に航空券とホテルをすぐ予約するよ」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

It’s the peak season, so you should reserve a flight and hotel early.

ハイシーズンだから、航空券とホテルを早く予約したほうがいいよ

 

shouldは「~すべきだ」だけじゃない!「~したほうがいい」と提案・助言するときに使える英語表現

旅行者や旅行の予約が増えて混雑する行楽の最盛期を「ハイシーズン、ピーク期、繁忙期」などといいますが、英語ではpeak seasonやhigh seasonがそれにあたります。料金が高くなる上、航空券やホテルも取りにくくなるのでできれば早めに予約したいですよね。

shouldといえば「~すべきだ」という義務や忠告の意味が一番に頭に浮かぶという方も多いと思いますが、「~したほうがいい」という提案・助言の意味合いで日常会話において非常によく使われます。

reserveは「~を予約する」という意味の動詞です。reserve a flightなら「(飛行機の)便・航空券を予約する」、reserve a hotelなら「ホテルを予約する」となります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

It’s going to be the high season, so you’d better get your flight and hotel reservations done soon.
ハイシーズンになるから、航空券とホテルの予約をすぐ済ませたほうがいいよ

▶had betterには「~したほうがいい(さもないと大変な問題や危険が発生する)」というニュアンスがあります。get ... doneは「~を済ませる、~を終わらせる」という意味です。

 

This is the peak season, so I’d make sure to get the flight and hotel reserved early if I were you.
ハイシーズンだから、私があなたなら絶対に航空券とホテルをすぐ予約するよ

▶make sure to ...は「必ず~する」、I'd ... if I were youは「もし私があなたの立場なら~するだろう」という意味です。if I were youと同じ意味の表現に、if I were in your shoesもあります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事