毎日Eトレ!【811】本日は面接の機会をいただきありがとうございます

デイビッド・セイン先生が教える
面接のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「本日は面接の機会をいただきありがとうございます」「本日は面接の機会をいただきありがとうございます」「本日は面接の機会をいただきありがとうございます」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Thank you very much for the interview opportunity today.

本日は面接の機会をいただきありがとうございます

 

採用面接でのお礼:so muchよりvery much?

あなたは就職のため、面接にやってきました。こんなときのお礼のフレーズ、あなたならなんと言いますか?

面接だからといって、特別な表現は必要ありません。Thank you very muchで十分に誠意が伝わります。その後に、for the interview opportunity todayなどと続けて、「今日、面接の機会を得たこと」への感謝だと表現しましょう。

会話ではThank you so much.もよく使われますが、こちらはvery muchと比べてややくだけた響きがあるので、面接ではvery muchの方がより適切かもしれません。逆に言うと、so muchの方は形式的で堅いイメージでなくフレンドリー。その分、being sincere(本心である)という印象を強く与えることも!

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I would like to thank you for taking the time to interview me today.
本日は面接の機会をいただきありがとうございます

▶interviewは「~に面接する」という意味の動詞でもあるので、interview meで「私の面接を行う」となります。

 

I really appreciate having the opportunity for an interview today.
本日は面接の機会をいただきありがとうございます

▶appreciateもthankと同様「感謝する」という意味の動詞です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事