毎日Eトレ!【855】声がおかしくてすみません。喉が枯れてしまいました

デイビッド・セイン先生が教える
体調・状態のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「声がおかしくてすみません。喉が枯れてしまいました」「喉を痛めていて、今日は少し声がおかしいかもしれません」「もし今日少し私の声が違っていたら、それは喉を傷めているのが原因です」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Sorry about my voice. I have a frog in my throat.

声がおかしくてすみません。喉が枯れてしまいました

 

のどにカエル?! 「しわがれ声」の英語表現

風邪などを引きやすいこの季節。今回のフレーズは、風邪はもちろん、声の出しすぎや歌いすぎなどによって喉を傷めてしまい声が出ないときも使える一言です。

直訳すると「喉にカエルがいる」のhave a frog in one’s throatですが、「ガラガラ声である」ことを表す比喩的表現として使われます。わかりやすいですよね? ですので、ここで私から「風邪声なんです」に代わる新しい日本語表現のご提案です―「今、喉にカエルを飼っているんです」。いかがでしょうか。ちなみにI lost my voice「声が出なくなってしまいました」のようにも言えます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I may sound a little weird today because I have a frog in my throat.
喉を痛めていて、今日は少し声がおかしいかもしれません

▶I sound weirdでも「声が変である」の意味を表せます。

 

If I sound a little off today, it's because I have a frog in my throat.
もし今日少し私の声が違っていたら、それは喉を傷めているのが原因です

▶a little offもa little weirdと同じで「いつもと違う」ということ。I didn't sleep enough last night, so I feel a little off.なら「昨夜はよく眠れなかったので、いつもより少し調子がよくありません」となります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事