毎日Eトレ!【867】この地域でこんな大雪が降るのは10年ぶりらしい

デイビッド・セイン先生が教える
雪のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「この地域でこんな大雪が降るのは10年ぶりらしい」「ここ10年で一番の大雪だ」「こんな大雪はここ10年降っていませんでした」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

It looks like this is the heaviest snowfall we’ve seen in this area for the past 10 years.

この地域でこんな大雪が降るのは10年ぶりらしい

 

「大雪」「○年ぶり」は英語でなんと言う?

It looks like ...「…のようだ」は、見聞きしたことについて話すときにとてもよく使われる言い回しです。According to news reports(ニュースによると)などのより堅い表現での言い換えも可。

snowfallの日本語訳は「降雪」なので、heavy snowfallで「大雪」を表すことができます。また、pastは「ここ~、過去~」の意味で、for the past 10 yearsは「過去10年の間で」、I’ve been thinking about my grandma in the hospital over the past few weeks.なら「ここ数週間は病院にいる祖母のことを考えています」となります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

This snowfall is the most we've seen for the past 10 years.
ここ10年で一番の大雪だ

▶「降雨(量)」ならrainfallと言います。

 

It hasn't snowed this much for 10 years.
こんな大雪はここ10年降っていませんでした

▶snowは動詞で「雪が降る」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事