毎日Eトレ!【878】今週その物件の内見はできますか?

デイビッド・セイン先生が教える
部屋探しのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「今週その物件の内見はできますか? 」「今週できればその物件の内見したいのですが」「今週のどこかで物件の内見ができればうれしいのですが。」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Would it be possible to view the property this week?

今週その物件の内見はできますか?

 

引っ越しの英語表現:「内見」「物件」を英語で言うと?

私は引っ越しに要する手間が嫌いなので、頻繁に引っ越しをする人に出会うと尊敬してしまいます。

「内見」はつまり「見る」ということなので、英語ではviewやlook atなどを使うのが適切です。また、「物件」はpropertyですが、シンプルにroomでも構いません。ただ、細かいことを言えば、propertyは「一軒家」をイメージするのが一般的で、roomの場合はapartment(アパートメント)などの物件を指します。

Would it be possible to ...?は「…することはできますか?」と尋ねるときの丁寧な言い回しです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

We would like to view the property this week, if possible.
今週できればその物件の内見したいのですが

▶if possibleは「可能なら」という意味の表現です。

 

It would be nice if we could view the property at some point this week.
今週のどこかで物件の内見ができればうれしいのですが。

▶at some point this weekは「今週のある時点で」、つまり「今週中」ということ。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事