毎日Eトレ!【881】君は以前までうまくやっていたのに、最近ミスが多いね

デイビッド・セイン先生が教える
ダメ出しのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「君は以前までうまくやっていたのに、最近ミスが多いね」「君は以前までとてもうまくやっていたのに、最近ミスが多いね」「君は以前まで安心して仕事を任せられる人物だったのに、最近ミスが多いようだね」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

You used to be really on the ball, but recently it seems like you're slipping up a lot.

君は以前までとてもうまくやっていたのに、最近ミスが多いね。

 

on the ballの意外な意味

「前はこんなことなかったのに…」と指摘するときのフレーズです。「かつて…だった」という意味のused to ...を使って「過去の状態」を表すのが最も自然でしょう。「うまくやる」ですが、今回はbe on the ballを使ってみました。これは口語で「よくできる、見識がある」の意味を表すフレーズ。be good at ...とほぼ同じ意味なので、前半部分はYou used to be really good at doing this、あるいはYou used to have no problem doing thisなどと言い換えが可能です。

「ミスが多い」は、make a lot of mistakesでも全く問題ありませんが、slip up(失敗する)という句動詞を覚えて周りと差をつけましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You used to be really good at doing this, but recently you've been making a lot of mistakes.
君は以前までとてもうまくやっていたのに、最近ミスが多いね

▶過去のある時点からアクションが進行していることを表す現在完了進行形(have been -ing)が使われています。

 

You've always been someone we could rely on to get the job done, but it seems like you're making a lot of mistakes these days.
君は以前まで安心して仕事を任せられる人物だったのに、最近ミスが多いようだね

▶rely on ...で「…に頼る」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事