毎日Eトレ!【890】ヨーグルトは花粉症にいいみたいだよ。試してみたら?

デイビッド・セイン先生が教える
花粉症のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「ヨーグルトは花粉症にいいみたいだよ。試してみたら?」「ヨーグルトは花粉症の症状をやわらげるんだって。試すといいかもよ」「ヨーグルトは花粉症に効くそうだ。試す価値があるかもね」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

It looks like yogurt helps people with hay fever. Why don't you give it a try?

ヨーグルトは花粉症に悩む人の助けになるみたいだよ。試してみたら?

 

「やってみよう!」を英語でネイティブっぽく言うと?

花粉の時期が続いていますね。今月、何度か登場している「花粉症」を表すhay feverという英語ですが、直訳は「枯草熱」となります。hayとは「干し草」のことです。

今回のポイントは「やってみる」「試す」という言い回しです。単にtry itと言ってもOKですが、よりネイティブらしい表現がgive it a tryです。〈give+目的語+a try〉の形で「~を試してみる」を意味するイディオムになっていて、目的語のところには長い言葉でも入れられます。

例)Why don't we give the new coffee shop a try?

(試しに新しいコーヒー店に行ってみませんか?)

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I heard that yogurt helps to relieve hay fever. Maybe you should try it.
ヨーグルトは花粉症の症状をやわらげるんだって。試すといいかもよ

▶Maybe you shouldは「~したほうがいいかも」という助言のフレーズです。

 

They say that yogurt is effective against hay fever. Maybe it's worth trying?
ヨーグルトは花粉症に効くそうだ。試す価値があるかもね

▶「~する価値がある」はbe worth doingの形で言い表せます。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事