毎日Eトレ!【892】4/1にシアトル支社に転勤します。田中さんが後任です

デイビッド・セイン先生が教える
留学・転勤のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「4/1にシアトル支社に転勤します。田中さんが後任です」「私はシアトル支社へ転勤しますので、4月1日からは田中さんが引き継ぎます」「私は4月1日にシアトル支社へ転勤するので、代わりに田中さんが引き継ぎます」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I will be transferring to the Seattle branch as of April first. Mr. Tanaka will take over for me after that.

4月1日付けでシアトル支社に転勤することになりました。後は田中さんが引き継ぎます

 

「引き継ぐ」の使い分けを学ぼう

as ofは、後に日付を続けて「~現在で」を表すほか、「~以降は」を指し示すこともあります。

take overは「引き継ぐ」という意味の句動詞ですが、他動詞として使われる場合と自動詞として使われる場合の両方があることに注目です。つまり、目的語を付けて「(仕事や会社などを)引き継ぐ」という意味になることもあれば、例文のように、目的語を伴わずに「(誰かの代わりに)引き継ぐ」の意味を表すこともあります。for meは「私に代わって」ということです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Mr. Tanaka will be taking over after April 1st, because I will be transferring to the Seattle branch.
私はシアトル支社へ転勤しますので、4月1日からは田中さんが引き継ぎます

▶未来進行形〈will be doing〉によって、「~することになっている」というニュアンスを出すことができます。

 

As I am transferring to the Seattle branch on April 1st, Mr. Tanaka will take over in my stead.
私は4月1日にシアトル支社へ転勤するので、代わりに田中さんが引き継ぎます

▶in someone's steadで「(人の)代わりに」という意味になります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事