毎日Eトレ!【895】さっきラジオで聴いた曲が頭から離れない

デイビッド・セイン先生が教える
雑談のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「さっきラジオで聴いた曲が頭から離れない」「あのラジオの曲がまた頭から離れない」「あの曲はいつも頭から離れなくなる」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

The song they just played on the radio is stuck in my head.

さっきラジオで聴いた曲が頭から離れない

 

みんなのあるある!「脳内再生がとまらない」の表現

誰しも何気なく聴いた曲やメロディーがしばらく頭から離れず、脳内再生される経験があるのではないでしょうか。今回はそんな現象について話すときのフレーズを見ていきましょう。

they just played on the radioが、先行詞であるthe songを後ろから説明しています。このように、thatやwhichなどの関係代名詞は省略されることも多いので(songとtheyの間)、〈名詞+主語・動詞の文〉の形をヒントに気づけるようにしましょう。

stuckは、動詞stick(突き刺す)の過去形・過去分詞であり、「行き詰った、動きが取れない」という意味で形容詞的に使われることが多い単語です。どちらにしても「その状況を変えられない・その場を離れられない状態」というイメージを持っておくといいでしょう。stuck in a traffic jamなら「交通渋滞にはまって」、stuck at workなら「仕事で手間取って」という意味です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

That song from the radio is stuck in my head again.
あのラジオの曲がまた頭から離れない

▶Something clicked in my head.「(何かが)ひらめきました」という表現もあります。

 

That song always gets stuck in my head!
あの曲はいつも頭から離れなくなる

▶get stuck in my headで「頭にこびりついて離れなくなる」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事