毎日Eトレ!【924】チャンピオンは大会で入賞すら逃すという大敗を喫した

デイビッド・セイン先生が教える
試合結果のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「チャンピオンは大会で入賞すら逃すという大敗を喫した」「入賞すら逃し、現チャンピオンは大敗を喫した」「チャンピオンが入賞すら逃し、大負けしたことは皆を驚かせた」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

The champion suffered a huge defeat when he failed to even place in the event.

チャンピオンは大会で入賞すら逃すという大敗を喫した

 

「入賞を逃す」「2位になる」を英語で言うと?

先週の復習になりますが、suffer a defeatは「負ける」、a huge defeatなら「大敗を喫する」という意味になります。even placeのところがわかりにくいかもしれません。これはplaceが「入賞する」という動詞で、evenは「~でさえ」という副詞です。failed to even place in the eventで「(優勝どころか)入賞さえも逃した」となります。「大差で勝つ」という意味を表すwin by a landslideという慣用表現もあります。これは選挙の結果などを伝える際によく使われます。

また、「2位になる」はwin second place / come second などと言えます。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

After failing to even place in the event, the reigning champion suffered a huge defeat.
入賞すら逃し、現チャンピオンは大敗を喫した

▶reigningは「現在の」の意味です。

 

It was a big surprise to everyone when the champion suffered a huge defeat by not placing in the event.
チャンピオンが入賞すら逃し、大負けしたことは皆を驚かせた

▶bigでsurprise(驚き)のニュアンスを強調しています。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事