毎日Eトレ!【929】弱小チームは予想に反して金メダルを獲得した

デイビッド・セイン先生が教える
試合結果のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「弱小チームは予想に反して金メダルを獲得した」「そのチームに勝ち目はないと思われていたが、予想に反して優勝した」「予想を裏切り、そのチームは優勝候補をやぶって勝利した」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

The underdog team went against all odds to take home the gold medal.

弱小チームは予想に反して金メダルを獲得した

 

underdogってなんのこと? 「番狂わせ」の英語表現も

5月も半ばを過ぎた今ごろは、すでに東京オリンピックのチケットの抽選申込を済ませた方も多いかもしれません。スポーツの話題についていけるように、よく使われる単語をチェックしましょう。まず、underdogですが、これは「(試合などで)負けそうな人」、つまり「皆が負けるだろうと予想している人(チーム)」ということになります。「闘犬」に関係するおもしろい由来があるので、気になる方は調べてみてください。oddは「見込み」、take home the gold medalは「家に金メダルを持ち帰る」なので、「優勝する」の間接的表現です。

今日のフレーズのような展開を日本語では「番狂わせ」と言うそうですが、英語でも一言で表現しようと思えばupsetと言えます。That was a big upset!なら「あれはすごい番狂わせだったね!」という意味です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

The team wasn't the expected winner, but they won the championship despite all odds.
そのチームに勝ち目はないと思われていたが、予想に反して優勝した

▶despite all oddsでも「大方の予想を裏切って」のニュアンスを表します。

 

Against all odds, the team beat the predicted winner and took home the championship.
予想を裏切り、そのチームは優勝候補をやぶって勝利した

▶predictedもexpectedと同様「予想された、期待された」の意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事