毎日Eトレ!【940】デートに誘う勇気があれば、もっと仲良くなれるのに

デイビッド・セイン先生が教える
恋愛のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「デートに誘う勇気があれば、もっと仲良くなれるのに」「彼のことをもっと知りたいけど、私からデートに誘う勇気がないの」「彼のことをもっと知りたいけど、私にはデートに誘う勇気がないの」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

If only I had the guts to ask him out, I'd love to get to know him better.

彼をデートに誘う勇気があれば、もっと彼と仲良くなれるのになぁ

 

ほんの少しの勇気があれば‥もどかしい気持ちを英語にすると?

ask someone outは「(人を)デートに誘う」という意味です。someoneの部分には、人の名前や代名詞の目的格が入ります。このフレーズを使ったCan I ask you out? / Can I ask you out on a date?という表現は「あなたをデートに誘ってもいい?」という意味です。デートに誘いたい相手がいる人はぜひ使ってみてください。

have the guts to…「~する勇気(度胸)がある」のgutsは、日本語でも「ガッツがある」という表現ですっかり定着していますね。複数形のgutsはもともと「腸、内臓」という意味で、そこから転じて「勇気、度胸」という意味になったといわれています。テニスラケットのガットも、動物の腸の繊維からつくられていることが由来しています。(最近は化学繊維のガットもあります)。他にI'm trying to lose my gut.(おなか周りを引き締めようとがんばってるんだ)という表現もあります。

If only…は「~さえあれば、~さえしていれば」という意味で、現状とは異なる事柄や理想を述べるときに使います。この文章では「(実際にはないけれど)誘う勇気があればなぁ」というニュアンスです。

get to know someone betterは「(人を)もっとよく知る、(人と)親しくなる」という意味のイディオムです。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I'd love to get to know more about him, but I don't have the courage to ask him out.

彼のことをもっと知りたいけど、私からデートに誘う勇気がないの

▶have the courage toは「~する勇気がある」という意味です。

 

It would be nice to know more about him, but I don't have the nerve to ask him out.


彼のことをもっと知りたいけど、私にはデートに誘う勇気がないの

▶It would be nice…は「~だといいな」、have the nerve to…は「~する勇気(度胸)がある」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事