毎日Eトレ!【946】突然ですが、明日は私用で休みをいただきます

デイビッド・セイン先生が教える
休暇申請のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「突然ですが、明日は私用で休みをいただきます」「突然ですみませんが、私用を片付けるために明日は仕事を休ませていただきます」「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、明日は出社できません。」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I apologize for the abruptness, but I need to take a personal day tomorrow.

突然で申し訳ありませんが、明日は私用で有給休暇を取らせていただきます

 

「私用で休む」は英語で何と言う?

abruptnessは「突然、急、不意」という意味を持つ名詞、apologize forは「~について謝罪する」という意味のイディオムです。I apologize for the abruptness,...は、ややフォーマルな表現なので、もう少しカジュアルに表現するならSorry for the the abruptness,... でもいいでしょう。Sorry for the the abruptness, but could I leave early today?(突然ですみませんが、今日は早退してもよろしいでしょうか?)のように使います。

take a personal dayは「有給休暇を取る」という意味です。personal(個人の、私的な)があるので「私用で休暇を取る」というニュアンスに。また、take a personal dayはtake personal leaveに置き換えることが可能です。

休みのまつわるその他の表現もあわせて確認しましょう。

*来週のどこかで1日休みを取りたいです

 I'd like to take a day off sometime next week.

*明日休みを取るかわりに、土曜日に出勤します

 To make up for taking time off tomorrow, I’ll come into work on Saturday.

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I'm sorry it's so sudden, but I need to take tomorrow off to attend to a personal matter.

突然ですみませんが、私用を片付けるために明日は仕事を休ませていただきます

▶具体的な休みの理由を詳しく説明したくないときは、attend to a personal matter(私用を片付ける)というフレーズを使うのがおすすめ。これを聞いた相手は、おそらくそれ以上深くは聞いてこないはずです。

 

I apologize for any inconvenience this might cause, but I am unable to come into the office tomorrow.
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、明日は出社できません。

▶unable toは「~することができない」、come into officeは

「出社する」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事