毎日Eトレ!【947】英語が話せません。駅員にたずねてもらえますか?

デイビッド・セイン先生が教える
乗り換え案内のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「英語が話せません。駅員にたずねてもらえますか?」「A: すみません、東京駅までの一番早いルートを知りたいです。 B: ごめんなさい、英語が苦手なんです。駅員にたずねましょう!」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Could you please tell me the fastest way to get to Tokyo Station?
B: I'm so sorry, but I don't speak English. Could you ask a station attendant?

A: 東京駅への一番早い行き方を教えていただけますか?
B: すみませんが、英語が話せません。駅員にたずねてもらえますか?

 

会話で覚えよう!電車の乗り換え案内②

駅で外国人旅行者から乗り換え方法についてたずねられてもうまく対応できる自信がない…そんな方は、まず今日のフレーズを覚えてみましょう。

英語が苦手なBさん(日本人)は、Aさん(外国人)の質問に対してI'm so sorry, but I don't speak English.「すみませんが、英語が話せません」と答えています。これだけだとそっけない印象を与えるかもしれませんが、この返答だけで会話を終わらせず、Could you ask a station attendant?「駅員にたずねてもらえますか?」のように一言付け足すのが今日のポイントです。自分ではうまく英語で説明ができないけれど、〇〇に聞けばわかる、〇〇に行けばわかるといった情報を提供すると、質問をしてきた外国人も助かるでしょう。また、Let’s look at the train route map. Could you come with me for a minute?(路線図を見ましょう。ちょっと来ていただけますか?)と伝えて誘導し、路線図を見ながら案内するのもいいかもしれません。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Excuse me, I need to know the quickest route to Tokyo Station.
B: I'm sorry, I'm not very good at English. Let's ask a station attendant!

A: すみません、東京駅までの一番早いルートを知りたいです。
B: ごめんなさい、英語が苦手なんです。駅員にたずねましょう!

▶quickest route toは「~への一番早いルート」、not very good atは「得意ではない」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事