個人輸入でバイヤーを目指そう!
ステップ4:届いた商品の価値を確認

英語初心者大歓迎!!

これまで3回に渡って紹介してきた「個人輸入でバイヤーを目指そう!」。商品が届いたこともあり、今回はこれまでのステップをおさらいしつつ、届いた商品の価値を確認してみましょう。

 

◆これまでのおさらい

 

ステップ1では、米Amazonにアクセスして、ほしい商品を探す方法を紹介しました。検索窓を使うなら簡単だけですが「Avg.Customer review(カスタマーレビューの評価平均順)」などといった、商品探しに便利なソート方法もノウハウとして提供しています。
また、あわせて在庫の確認や日本郵送への可不可をどこで判別するかを紹介しています。詳しくは、以下の記事を参照してください。

●ステップ1:米Amazonで商品探索

 

ステップ2では、アカウント登録をメインにしています。日本のアマゾンで登録した経験があれば、それほど難しいことはないはずなのですが、英語で表示されているだけで緊張するから不思議です。 アカウント登録をすれば、ほしい商品をショッピングカートに保存できるので、最終的に買うか買わないかは別にして、このステップまではチャレンジしてみましょう。

●ステップ2:アカウントとカート

 

ステップ3は、一番緊張感を伴う住所とクレジットカード登録です。住所は英文での書き方さえわかれば、それほど難しいものではありませんし、クレジットカードもよくよく見ればカード番号などを入力するだけです。
すべてが完了したら注文です。注文方法のノウハウでは、“Shipping & Handling”「送料と手数料」などの見方について紹介していますので、参考にしてください。

●ステップ3:住所とカードを登録して注文

 

のステップ1では「商品の探し方」、ステップ2では「アカウント登録」と「ショッピングカートの使い方」を紹介しました。今回は、クレジットカードや郵送先の情報入力などを行い、注文作業を紹介します。途中ででてくる英文に注意しつつ、慎重に注文しましょう!

 

◆1週間もたたずに到着……ということは?

 

1~3のステップを踏んで注文した商品ですが、日本時間の3月3日に注文して、到着したのは3月7日。米Amazonから届いていたスケジュールでは3月14日~26日到着予定だったのに、現実的には、たったの4日間で海を越えてきたわけです。思わず、2~4日で到着するオプションの“AmazonGlobal Priority Shipping”を選んでいたかと思ってしまいました。
これだけ早い輸入日程が意味するところを個人バイヤーという立ち位置で考えてみると、顧客の注文を受けてから米Amazonに発注することも可能ということです。つまり、在庫ゼロで輸入商品の販売事業ができるわけですね。そう考えてみると、日本のアマゾンのマーケットプレイスで、注文から到着まで【7-14日程度で配送】という表記をよく見かけたことを思い出しました。「在庫があれば即発送」などというコメントもありますし、これって、この時間差を利用しているのかもしれません。

 

◆売れるかどうかを「ヤフオク!」でリサーチ

 

それでは、実際に届いた商品がどれくらいで販売できるか、「ヤフオク!」でリサーチしてみましょう。
今回購入したのは、LEGO®ブロックの「デロリアン」で、この商品は国内でも一部取扱いがありましたが発売と同時に完売し入手困難となっていた商品です。「ヤフオク!」で商品検索してみると、最低価格が4,280円(4月21日現在)となっていました。
実は購入前に調べた時には、最低価格が5,980円だったので、だいぶ値段が落ちていることになります。実際、私が購入したのは2個で73ドルくらいです。為替レートを102円とすると約7,500円ですから、1個4,000円を切っており、一応今でも利益を見込める状態だとわかります。

 

◆まとめ

 

今回は、個人輸入バイヤーになるのに、どの程度の英語が必要かを紹介する記事でしたので、実際に売りはしませんでした。しかし、値下がり具合を見ると、もし本気でバイヤーを目指すなら、売り時を間違えないようにしないといけませんね。
なお、今回輸入したデロリアンは、撮影後にスタッフでおいしくいただきました。などと書くとバラエティ番組みたいですが、まず手始めは「売れなくても困らない」自分で使える商品を選ぶことをオススメします。自分で使うなら、失敗しても安心ですからね。
さて、米Amazon編は今回で終了ですが、機会があれば一般の店で購入するのに便利な「PayPal」などの登録方法も紹介したいところです。

 

◆過去記事一覧

個人輸入でバイヤーを目指そう! ステップ1:米Amazonで商品探索
個人輸入でバイヤーを目指そう! ステップ2:アカウントとカート
個人輸入でバイヤーを目指そう! ステップ3:住所とカードを登録して注文

 

構成・文/さいとうよしかず(編集部)


おすすめ記事

2017.04.18 | DMM英会話  ・  TOEIC  ・  クチコミ  ・  セブ留学  ・  大人&大学生  ・  IELTS  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  語学学校  ・  体験レポート  ・  奨学生  ・  語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  QQイングリッシュ  ・  CUE留学プログラム  ・  大学生