毎日Eトレ!【977】このかばんは機内に持ち込めますか?

デイビッド・セイン先生が教える
空港のフレーズ

 

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「このかばんは機内に持ち込めますか?」「A: このスーツケースは機内に持ち込めますか? B: 手荷物棚に入れるには大き過ぎるので、 預ける必要があります」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Can I take this luggage onboard?
B: It looks like it's over the weight limit. You'll need to have that bag checked.

A: このかばんは機内に持ち込めますか?
B: 重量制限を超えているようです。そのかばんは預けていただく必要があります。

 

荷物が機内に持ち込み可能か確認しよう!

近年ではLCC(=low-cost carrier)の普及で安く海外旅行に行けるようになりました。格安航空会社を含め、飛行機を利用する際に注意しなければならないのが機内持ち込み手荷物の条件。サイズや重量、個数は各航空会社によって異なり、規定を超えてしまった場合は追加料金を払って受託手荷物として預けなければなりません。

自分のかばんが機内に持ち込めるかを確認する場合は、Can I take this luggage onboard? / Is it okay to take this luggage onboard?とたずねましょう。

Bの英文にあるcheckは「確認する」ではなく「(荷物を)預ける」という意味です。

 

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Is this suitcase okay as a carry-on bag?
B: It's too big to fit in the overhead compartment, so it will need to be checked.

A: このスーツケースは機内に持ち込めますか?
B: 手荷物棚に入れるには大き過ぎるので、 預ける必要があります

▶carry-on bagは「機内持ち込みのかばん」、overhead compartmentは「(機内頭上の)手荷物棚」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事