アメリカに行った気分で学習できる!?
アプリ「Max英会話」がおもしろい!

アプリでたのしく英語学習♪

優れた学習コンテンツが表彰される「日本e-Learning Awards 2013」で、Asia e-Learning Forum Awardを受賞したアプリ「これがネイティブの英語! Max英会話」。アメリカで収録された、リアルなネイティブの会話動画を使ったプログラムが人気を呼んでいます。ネイティブが本当に使っている表現を、まるでアメリカを訪れたような感覚で学べるというのは、他の英語学習アプリと一味違いますよね。今回は、そんな「これがネイティブの英語! Max英会話」を実際に使ってみました!

 

  • 名称:これがネイティブの英語! Max英会話
  • 価格:200円(価格変動あり)
  • 販売:Waterbear soft Japan
  • 対応:iPhone、iPad

 


まずは、今回チャレンジする「ロサンゼルス編」の動画をダウンロード! ダウンロードには8分ほどの時間が必要ですが、その間に他のアプリを開いても大丈夫です。

学習は、Week1「People in LA」の「自己紹介」から始めます。「サンタモニカのDJ」や「私の職場はハリウッド」など、ユニークな自己紹介が8つ収録されているので、興味のあるものからチャレンジしてみましょう!

学習のパターンは、会話を聞き取って穴埋め問題に答える「Dictation」と、聞き取った会話をリピートしてスピーキングを鍛える「Repeat」のふたつが中心です。

  


「Dictation」では、聞き取った会話が穴埋め問題として出題されるので、スペルを入力して解答します。もちろん、しっかり添削してくれますよ!
また、文中の重要な単語や表現は色付きで表示され、タップすると意味や用例を確認することができるので、語彙力アップをサポートしてくれます。

  


「Repeat」では、会話文をリピートして録音すると、ネイティブの発音と自分の発音を比べることがきます。聞き比べるだけではなく、アクセントがつく部分は矢印マークが表示され、視覚的に見て比較できるところがポイント!

 レッスンを進めていくと、かわいいバッチがもらえるのも、モチベーションがあがりますね♪ 自分の1日ついて話す「Speech」を含めた、「自己紹介」の9つの学習メニューをクリアすると、次のステージに進むことができます。

 


一般的なリスニング教材は、日本人向けに聞き取りやすい英語で収録されているものが多いですが、「これがネイティブの英語!Max英会話」は、実際のネイティブスピーカーのインタビューをベースにつくられています。それぞれ話す速度や声の大きさも違うので、聞き取りにくさを感じることもあるかもしれませんが、だからこそ本物の英会話力が身につきそう!会話のトピックもおもしろいものが多いので、飽きずに楽しく学習を続けられるはずですよ。

 

・関連記事

 

構成・文/和田鈴香(編集部)


おすすめ記事

2016.10.27 | 体験談  ・  語学学校情報  ・  Bayside RPC校  ・  セブ留学  ・  CUE留学プログラム  ・  ミツミ電機  ・  PR  ・  奨学生  ・  語学学校  ・  EF Englishtown  ・  QQイングリッシュ  ・  StoryShare  ・  セブ島留学  ・  CEGA  ・  TOEIC  ・  First English Global College  ・  大学生