毎日Eトレ!【992】〇〇までお願いします

デイビッド・セイン先生が教える
タクシーの会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「〇〇までお願いします」「A: どちらまで? B: ABCホテルまでお願いします」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Where to?
B: Please take me to ABC Hotel.

A: どちらまで?
B: ABCホテルまでお願いします

 

②行き先を告げる

先週はタクシーを拾う際の英語表現を紹介しました。無事タクシーに乗り込んだら、次は行先を告げましょう。

Please take me to ...は「私を~まで連れて行ってください」という意味です。住所が書かれた紙などを持っている場合は、それをドライバーに見せながらPlease take me to this address.(この住所までお願いします)のように伝えてもいいですね。この言い回しが思い出せないときは、もっと単純に、I want to go to ABC hotel.(ABCホテルに行きたいんです)と言っても問題ありません。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Where are you headed?
B: ABC Hotel, please.
A: どちらまで?
B: ABCホテルまでお願いします

▶headは「向かう、行く」という意味の動詞です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事