毎日Eトレ!【994】朝ごはんを食べよう!

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話

フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「朝ごはんを食べよう! 」「A: 朝ごはんの時間だよ! B: おいしそう!」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Let's eat breakfast!
B: I wanna eat toast and jam.

A: 朝ごはんを食べよう!
B: トーストとジャムが食べたいな

 

朝のフレーズ③

今週は、朝食時のフレーズです。朝食の用意ができたら、まずBreakfast is ready.「朝ごはんできたよ」と声をかけましょう。... is ready.で「~の用意ができた」という意味です。Breakfastの部分をLunchやDinnerに変えて使ってみましょう。会話AのLet's eat ...「~を食べよう」も同様に、breakfastを他の単語に入れ替えることができます。

朝食といえば、卵料理が食卓にあがることも多いですよね。How would you like your eggs?(卵はどうなさいますか?、卵はどう調理いたしますか?)はホテルで朝食をとる際、レストランで聞かれる定番フレーズです。自宅ではよりカジュアルに

A: How do you want your eggs?

 (卵はどう料理する?)

B: Scrambled. / Sunny-side up.

 (スクランブル/目玉焼き)

のように使うといいでしょう。

ちなみに私はこの質問をされたとき、よく母に"A smiley-face."とリクエストしていました。卵2つとベーコンを使って作る、いわゆる「ニコちゃんマーク」ですね。ぜひ試してみてください。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Breakfast time!
B: It looks yummy!
A: 朝ごはんの時間だよ!
B: おいしそう!

▶yummyは「おいしい」という意味で、おもに子どもが使う表現です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事