毎日Eトレ!【995】私は以前大阪に住んだことがある

デイビッド・セイン先生が教える
単語使い分けフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「私は以前大阪に住んだことがある」「私は10年前に大阪に住んでいた」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

I've lived in Osaka (ago / before).

私は以前大阪に住んだことがある

 

agoとbefore、入るのはどっち?

今回の英単語使い分けは「前に」という意味を持つ副詞、agoとbeforeです。この文章にはどちらが入るでしょうか?

正解は…beforeです。

beforeは「過去」を起点としており「(過去のある時から)以前に」という意味。たとえばfive days beforeなら「(その)5日前に」という意味になります。I've lived in Osaka before.やI've eaten this before.のように、時間や期間を表す語句(five daysやtwo monthsなど)を伴わずに、beforeだけで使うことができるのが特徴です。

一方のagoは「(今から)~前に」という意味で、「現在」を起点とした過去のある時点を表します。beforeと異なり、ago単独で使われることはありません。five days ago(5日前に)、two months ago(2ヵ月前に)のように、時間や期間を表す語句が必要です。またagoは、I ate this 5 years ago.のような過去形の文章だけに使われることも押さえておきましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I lived in Osaka ten years (ago / before).


私は10年前に大阪に住んでいた

▶この文章の正解はagoです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事